2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【「いい位置につけている」5位タイの湯原】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
ホールアウトして、クラブハウスへ入るところに20段ほどの階段がある。そこをゆっくり足をしっかりと踏み込みながらやってきた。さぞかし疲れたラウンドだと推測して「疲れたでしょう」と言うと「いや、そうじゃないんですよ。実は、2週間前にぎっくり腰をやって、ようやく治りかけているところなんです。それがちょっと、後半に痛みが出てきたので…」と語った。その痛みは、歩けないほどではない。ほとんど完治に辿る状態だからだ。「その、ほんのちょっとの痛みというのを、過剰に反応してしまってミスしたのが、16番ホールの第1打だったんです。ここはフックボールで攻めて行くホールですけど、しっかり打ったら痛いかも、という気持ち
が瞬間的によぎって、インパクトが緩んでしまったんです。行ってはいけない右の林。こういうミスは、絶対にだめですね」と反省しきりだった。3、5番でバーディ。6、8番でボギー。前半パープレー。これも計算通りだった。さらに10番から14番まで、パープレー。

「このコースは、攻撃的なプレーは禁物。かといって消極的に守るプレーではダメだと思っています。実は、守るっていうことは、攻めて行く以上に決死の勇気が必要なんですよ。安全に、どこを狙うか、というときに、しっかりと決断ができて、そこにボールを運ぶというのは、かなり精一杯自分が覚悟を持たないとできないことなんです。それができるかどうかが問題」と湯原は言う。15番ホールのパー3で、8メートルのバーディパットを強めに打って1.5メートルほどオーバーし、返しの距離を外してボギー。そこまでは許せる範囲だった。けれども次の16番のミスというか、ショットする前の覚悟がぐらついた結果のミスは、許せないということである。

「でも、総合的には、いい位置につけているし、こういうコースでどう戦えばいいのかは、十分解っているつもりだし、これから旅館に戻ってトレーナーに治療してもらって、明日からの2日間に臨みます」と言ってクラブハウスを後にした。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約