2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【植田浩史は3連続バーディの好スタートで5位タイに浮上】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
シニア2年目の植田浩史は、開幕戦のスターツシニアトーナメントでシニアツアー初優勝を飾った後も好調なシーズンを送っている。日本シニアオープンの前週に福岡・久山CCで行われた後援競技のアサヒ緑健カップTVQシニアオープンでも2日間通算7アンダーパーで加瀬秀樹と並び、プレーオフで優勝を争った。結果は2ホール目に加瀬に第2打を直接カップに放り込まれて(パー4ホールでイーグル)敗れたが、「ゴルフ自体は十分に満足できる内容だった」(植田)という。

好調さを維持する植田は、日本シニアオープン第2ラウンドでも、いきなり3連続バーディの快スタートを切った。その後は伸び悩んだものの、この日パープレー(通算3
オーバーパー)にスコアをまとめて、一気にベスト5に浮上した。

この大会、植田は、湯原信光、真板潔、倉本昌弘らとともに、水巻善典の夫人が京都で経営する割烹旅館を宿舎にしている。夕食は水巻と。そこで植田は、コース攻略法ルートはじめ、安全エリア、危険ゾーンなどを根掘り葉掘り聞き出して参考にしているという。
前夜は、裏情報まで入手した。ティインググラウンドまでかなり階段を登らなければならない8番ホール。この階段を回避して管理道路を回ると「息切れ状態でのアドレスをしなくてすむ」ことを教えてもらったそうだ。
「とにかく、いろいろ情報を仕入れて、水巻に追いつき、追い越せ。それが当面の目標ですから、また、きょうも、何か参考になることを聞き出しますよ」

後半の2日間に向けて収集すべき情報は、第2ラウンドにスコアを崩した14番以降の攻略法であろうか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約