2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【7番のパットミスで流れが変わった水巻善典】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi/Kentaro Shiba
第1ラウンドで68をマークして首位タイにつけた水巻善典が、1番ティグランドにやってくると、その周囲には、鳴尾ゴルフ倶楽部のメンバーさんたちや関係者がずらりと取り囲んでいた。「いやー、嬉しくて逆に緊張してしまいましたよ(笑)」とニコニコしながら話し始めた。そのいつにもない緊張のせいだろうか、右にスライスしてボールは木の根元に止った。ボールを安全に出して、まだ6番アイアンの距離が残った。ボギーのスタートである。それでも、4番ホールで6メートル。続く5番ホールで1メートルを沈めて連続バーディとし、通算3アンダーパー。「この天気と自分のコンディションなら、60台が出せるかも知れない、と思ったとたんに、
7番ホールで、1メートルもない距離のパットを外してボギー。だめですね。調子に乗りすぎては…」続く8番ホールもボギーとして、流れが少し変わってしまったのだった。

極めつけは11難ホールのボギーだった。フェアウェイからの第2打、9番アイアンのショットが引っかかってしまって結果ボギー。「ここは丁寧にパーを取らなければいけなかったのに…」と悔やむ。けれども、全体的な流れは「悪くないですし、ショット自体の内容は、まだまだだと思いますけれど、自分のゴルフの状態とコースとの摺り合わせは、ちゃんと心得ていますから。まだ半分終わったばかりですから、これから36ホールをどう戦っていくかが鍵ですよ」と表情は明るい。

ところで、水巻選手の奥さんの実家は、京都の亀岡市湯ノ花温泉郷にある老舗旅館「翠泉」で、そこに湯原信光、真板潔、植田浩史、倉本昌弘が宿泊している。植田は、食事どきに水巻から根掘り葉掘りコース攻略を聞き出しているらしい。「いやー、みんな成績いいじゃないですか。嬉しいなぁ」と呉越同舟の結束力?があるのかも知れない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約