2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【シニアルーキー真板潔は5位タイ】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
今年の日本シニアオープンでは、シニアルーキーがどんな活躍をするのか注目されていた。なにしろ、シニアツアーのここまでの7戦でルーキーが3勝を挙げてきている。その中でも、第3戦(PGAフィランスロピーシニアトーナメント)でルーキーVに一番乗りし、その後の高見和宏(第5戦、ファンケルクラシック)、加瀬秀樹(第7戦、日本プロシニア)へとルーキーVに先鞭をつけたのが真板潔だった。

真板は、レギュラーツアー時代からパッティング巧者として知られている。ボールからちょっと離れ、両腕で脇を締め付けないようにゆとりをもたせる独自の構えから、スムーズなストロークとゆっくりしたヘッドの動きでしっかりコントロール
させる術を持っている。
ベントでも高麗でも、芝生の種類に関係なく、ボールを確実にラインに乗せていくパッティングで、スコアをまとめてきた。第2ラウンドを終えて2オーバーパー。そして、今日はスタートの1番こそボギーにしたものの、その後の4ホールで3バーディを奪って通算イーブンパーにまで戻し、この時点ではルアンキットをかわして単独トップに躍り出た。

ところが、そこから1バーディ・3ボギー・1ダブルボギーとスコアを崩していった。「ショットがブレはじめて、コントロールしきれなくなってしまいました。ちょっと口惜しいラウンドになってしまいましたね」

ルーキーの日本シニアオープン制覇。ルーキー勢ではトップにいる真板には、まだまだ十分なチャンスが残されている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約