2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【パットのタッチが合わず4位に後退した水巻善典】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Gary Kobayashi
ホールアウトした水巻善典は、少し疲労感というか不思議な面持ちだった。
この日2オーバーパーの72。通算3オーバーパーで4位につけて最終ラウンドに臨むわけだけれど、この日のプレーは、消化不良なゲームをしてしまったのだという。
「うーん。集約すれば、コースを知りすぎ故に、決断力が鈍ったのかなぁ…。ともかく、まず第一に、パッティングがちゃんと打てていなかったんです。原因は、昨日よりも速くなるだろうという先入観もあったのだと思いますね。それが全体のリズムを悪くしたのでしょう。言葉は悪いですけど、変なパーをいっぱいとっていましたから(笑)」

知りすぎた故に、というのは、今日の天候条件とセッティ
ングで「普通ならアンダーパーで回れるのに」と、ふとよぎってしまうと、目の前の1打とその次の1打との繋ぎで、考えなくていいことも考えてしまう。雑念が入るのだ。「それに、期待されているというのがひしひしと伝わってくるんですよ(笑)」
普段通りにプレーできないポジション(上位)にいて、しかも第3ラウンドというキーとなる18ホール…「その3日目の自分の位置を少し意識し過ぎたのかも知れませんね」と水巻は、言った。言葉で言い表せば、それが『見えないプレッシャー』なのだけれど、トーナメントを4日間戦い抜くというのは、それだけタフさが要求される。

「明日は、逆に、(2打差を追って)追い越すだけですから、むしろやりやすくなったと思っています」水巻は、ホールアウト後、足早に練習グリーンへと向かって、パッティングのタッチとストロークを再確認していた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約