2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【ルアンキットが初優勝に王手をかける】
第3日 競技報告:JGA    写真:Gary Kobayashi
2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技は30日、兵庫県の鳴尾ゴルフ倶楽部で第3ラウンドを行った。10時過ぎには台風14号が紀伊半島沖を通過して雨も小降りになり、鳴尾ゴルフ倶楽部には大きな影響もなく、首位スタートのブーンチュ・ルアンキットが2バーディ・2ボギーの安定したプレーで通算イーブンパーを守り、初出場初優勝に王手をかけた。

1打差の2位には、この日ベストスコアの67をマークした
倉本昌弘と、この日1つスコアを伸ばした湯原信光がつけている。日本大学時代からともにライバルとしてしのぎを削ってきた二人が、タイの強豪を追う展開となった。

更に1打差の4位には鳴尾ゴルフ
倶楽部に所属する
水巻善典、通算4オーバーパーには植田浩史らが5位タイグループを形成。悲願の初優勝を狙う室田淳もこの日4つスコアを落としながら通算6オーバーパーの7位タイ、4度目の戴冠を狙う中嶋常幸高橋勝成は、通算7オーバーパーで9位タイと好位置をキープしており、明日の優勝争いは混戦となりそうだ。



その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約