2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【ブーンチュ・ルアンキットが首位キープ】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
第2ラウンドに単独トップに立ったタイのルアンキットが、この日もパープレーと堅実なゴルフでスコアをまとめ、2位に2打差をつけて最終ラウンドを迎えることになった。

ルアンキットが「雨と風は嫌いだから」と心配していた台風14号の影響はほとんどなく、スタートするときには、ほとんど無風状態になっていた。3ホールをパープレーで無難にスタートしていった後、4番から連続ボギーを叩き、前日までの手堅いプレーにブレーキがかかったかに思えた。しかし、欧州シニアツアーの賞金王争いでトップに立つルアンキットは、こうした流れになったときの気持ちの切り替えも巧みだった。
「こういう難しいコースでは、ティショットでフ
ェアウェイをとらえることが大切。しっかりコントロールしていこう」と、スウィングのギアを入れ替えていった。トップスウィングをコンパクトに。あとは上半身の静かで大きなターンに腕、クラブを連動させる。

昨日までの2日間、ルアンキットと同じ組でプレーした植田浩史が、こんなことを言っていた。
「ルアンキットは、飛ばす必要のあるホール、コントロール主体にいくホールで、ターンスピードのギアを入れ替えている。さすがに世界のツアーで戦っている選手ですよね。上手い。アプローチショットもクラブフェースにボールを乗せてうまく運ぶ。スキのないプレーをしていました」
後半のルアンキットのゴルフは、まさに植田の評価どおりの内容で11、14番と2バーディ。ボギーになりそうなピンチもなく、確実にスコアを取り戻してのパープレーにまとめ上げた。

トップで迎える最終ラウンドのプレーでは、「ドライバーショットを確実にフェアウェイに打ち出して早く自分のリズムでプレーできる状態にもっていくことが大切」と、日本シニアオープン初出場で初優勝に狙いを絞りこんでいる。欧州シニアツアーの賞金王争いでもトップに立つルアンキット。日本勢にとっては、手強い相手が立ちふさがっている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約