2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【真板潔が「辛抱できた」という2位タイ】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
通算4オーバーパーでスタートした最終ラウンド、真板潔は雨の中のラウンドを3バーディ・3ボギーとまとめ、2位タイに食い込んだ。
スタート前に「目標は優勝?」と聞かれて、こう答えていた。
「難しいかもしれないけど、チャンスを作れれば狙っていきたい。今日、3アンダーパーぐらいのスコアを出せないと届かないと思う。そのスコアを叩き出すには、僕のショットの調子がいまイチなんで、苦しいかなあ…」
5番でバーディが先行した。しかし、続く6番ですぐにボギー。7番では、またバーディ。真板のゴルフは、ちょっとちぐはぐで、スタート前に口にしていたチャンスを作り出し切れなかった。結果は、2打差の2位タイ。シニアル
ーキー選手の中では一番成績がよかった。
「今日の自分のゴルフでは、よく辛抱できたと思います。シニアツアーでは、同年代の選手が多くて競争も激しいし、先輩の皆さんも本当に元気なので、しっかり自分のゴルフの質を高めていかないと、上位には食い込めない。そういう意味では、いい刺激があります」
シニアツアーを意識してのことではなかったというが、真板はチャレンジツアーやレギュラーツアーのQTに挑戦し続けている。「まだ、レギュラーツアーで戦う気力、体力がある。そう思っていないとシニアツアーでも頑張れないと思っているんです」
今年も、レギュラーツアーの登竜門であるQTに挑戦し、来季はシニアツアーと二股をかけての戦いを思い描いている。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約