2010年度(第20回)日本シニアオープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
新's あらたにす JGA3大オープン特集
NHKで全国生中継予定
NHKニュース and  スポーツ
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【最後は安全運転で倉本昌弘が初優勝】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:Gary Kobayashi
レギュラーツアーで30勝。永久シード選手である倉本昌弘は、最終ラウンドの流れを読み切っていた。
「今日は、パープレーでいい。後半は雨の中でのプレーになるから、みんなスコアをそれほど伸ばせない」
では、パープレーを続けるには、どんな戦術で臨めばいいのか。そこもしっかりと考えていた。
「このコースでは、絶対にピンを狙ってはいけない。フェアウェイからショートアイアンで狙える状況でも、ターゲットはグリーンセンター。ピンを狙ってちょっとでもオーバーすると、どんなトラブルになるかわかりませんからね。ピン狙いでいってバーディをとる確率は高くなるかもしれないけど、ボギー、ダブルボギーになる危険性も大きく
なる。このコースでは、そんなギャンブルゴルフは通用しません」

倉本が「勝ちを意識するようになった」という13番でも、この戦術は変わらなかった。310ヤードと距離の短いパー4。ティショットは会心の当たりで、フェアウェイをとらえた。ピンまで40ヤード弱。この第2打も「絶対にピン奥まで打たない」と手前6メートルに確実に乗せていった。そして、このパットをカップ真中から決めて通算イーブンパーに。さらに続く14番パー5では、グリーン右手前のエッジから30センチに寄せての連続バーディでリードを広げた。この14番パー5でも、右ラフからの第2打は意外なほどのライのよさで、距離的には楽にグリーンに届いたが、倉本の頭の中には「絶対にピンの奥にまで(キャリーで)いかないショット」という計算があり、右手前エッジという絶好のポジショニングができていた。
これで通算1アンダーパー。ただひとりのアンダーパーで、この段階で2位に4打差をつけた。ここからは、さらに計算が進む。シニア入りした倉本は、アメリカのチャンピオンズツアーに参戦したこともあり、日本では07年のビックライザックシニアでの1勝しかない。日本シニアオープンも、今年が2度目の出場だ。
この試合、大誤算があった。練習ラウンドで倉本は手応えをつかんでいた。「優勝スコアは5アンダーパー」と読んでいたのに、いざフタを開けると、いきなり6オーバーパーの76。「正直、焦りました。こりゃダメかな…とも思いました。あとは、とにかく全力疾走で、パープレーまでに戻すことに専念するしかない、と自分に言い聞かせ、ムチ打ちました」
第2日69、第3日67で、通算2オーバーパーまで取り戻した。「箱根駅伝でいったら、坂道を全力疾走した感じで、心臓バクバク、息切れでゼーゼーの状態です」

最終ラウンドは、どうだったのだろう。「ええ、同じ箱根駅伝でいうなら、下り坂を気持ちよく駆け抜け、最後は歩いてもトップでゴールインできる流れを作れましたね」

通算1アンダーパーになった時点で、この歩いても…の流れになっていた。そして、念には念を入れて「最後の3ホールは全部ボギーでもいい。絶対に大叩きの危険のないルートとショットをつなげていけばいける。うまくいけばパー。うまくいかなくてもよし。1打差つけていればいいわけですから、本当に自分のペースでホールアウトできました」
最終ラウンドは、倉本の完勝だった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約