2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【日本一の称号を賭けた戦いがいよいよ明日開幕】
大会前 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi
金庚泰
松山英樹
震災復興支援グリーン・ティーチャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」が明日13日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で開幕する。

愛知カントリー倶楽部で開催された昨年大会、最終ラウンドにコースレコードの64をマークして日本オープン初優勝を果たし、賞金王も獲得した金庚泰。今年は、日本ツアー、USツアー、母国韓国ツアーと3つのツアーを転戦している。ハードスケジュールの中で、体調管理も難しいところだが、今年も日本ツアーで1勝を挙げ、その実力は輝きを放っている。

元々、ショットメイクに定評のある金。日本オープン特有のセッティングには、日本アマ初優勝で出場した2005
石川遼
年大会のときに、「驚かされた」という。しかし、そのセッティングに、「プロになったら、こういう環境の中でプレーしたい、戦いたいという日本への憧れ」も持った。その憧れを持って臨んだ翌年。金は日本アマを連覇したほか、アマチュアながら韓国ツアーで2勝をあげて、「鬼」と呼ばれるほどの圧倒的な強さを見せた。そして臨んだ2度目の日本オープン。第2ラウンドを終えて、上位につける躍進を見せたが、後半にスコアを崩し、32位タイ。この悔しさが、「いつかプロとして、日本オープン挑戦する」というモチベーションを生んだ。そして迎えた昨年大会。

圧倒的な強さの金は、早くも日本オープン優勝という一つの目標を達成した。大会連覇がかかる本年。「日本オープンのセッティングは難しいけれど、大好き。日本オープンを経験したお蔭で、世界のメジャー大会に出場してもコースへの戸惑いを感じなくなった。この1年で自分がどれだけ成長できたのか、日本オープンで教えてもらおうと思っている」と史上6人目の大会連覇という記録よりも、挑戦者としての立場を強調する。今年の舞台となる鷹之台カンツリー倶楽部は、2000年大会で尾崎直道が史上5人目の大会連覇を成し遂げた地。歴史は繰り返されるのだろうか。

一方、昨年、優勝の金と同組でプレーした石川遼。過去日本オープンでは2位が2回と相性がいい。トレーニングで増した筋力とスウィングのマッチングに苦労してきたが、先週から調子は上向き。

今日の練習ラウンドでも後半の9ホールをプレーし、「ほぼ最高」という状態まで自分の調子を取り戻してきた。「これ以上良くなっていくのもあるだろうけれど、いい調整が出来ている」と日本オープン初優勝に自信をのぞかせる。こだわり続けてきた攻めるゴルフは、初めて2位入賞を果たした2008年大会から貫いている。「日本オープンみたいなセッティングのときに、飛ばなくてショットが正確な選手が有利というのは、現代のゴルフに当てはまるのか…自分は2008年のときからティーショットをドライバーで打つことを貫いてきて、自分なりにやれるという自信もつけてきた。平均290ヤードの選手たちの中で、もっと飛ばそうと思っている人がどれだけいるのか?日本では充分に戦えるけれど、それに満足をしないで練習してきて、ドライバーをテーマに1ヤードでも前にという姿勢を貫けていることは、いいことだと思う」と、世界を目標にする石川らしいコメント。

日本オープン初優勝には、「10アンダーパーはいかないと思う。アンダーパーが何人残るか…1日4から5個のボギーは仕方がないと思っているし、14ホール中12ホールでドライバーを使って、7、8回フェアウェイを外しても半分パーセーブが出来れば良い。ボギーが多くてもパープレーがノルマ」と自分の攻めのプレースタイルとピンチになってもパーセーブを続ける忍耐力が必要と話した。

石川世代とも言えるであろう10代後半から20代前半の選手たち。アマチュアでも、石川世代の台頭が著しいが、その最先端にいるのが松山英樹。昨年のアジアアマチュア選手権優勝の勢いをかって、翌週の日本オープンで3位入賞でローアマチュアを獲得。今年のマスターズでは、日本選手初のローアマチュアを獲得し、日本アマでメダリスト。夏の日本学生で先輩の藤本佳則をプレーオフの末に下して優勝。ユニバーシアードで個人・団体の金メダルを獲得。さらにはシンガポールで行われたアジアアマチュア選手権で大会初の連覇を成し遂げ、いち早く来年のマスターズ出場権を獲得した。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの松山。しかし、松山は日本選手初の快挙を達成しても、学生チャンピオンとなっても、驕ることはない。周囲の期待もかかるけれどという質問にも、「周りの方も自分をそんな風に見ていないので大丈夫。去年より注目されるとは思うけれど、去年より良い成績を残せればいいので、一生懸命やっていきたい」と泰然自若だ。昨年の愛知CCより「はるかに難しい気がする。去年よりラフがきつくて、フェアウェイを外すとボギーになってしまう」と警戒心を強めるが、「調子も悪いわけじゃない。曲がっているけれど調整できる範囲」とこれまでの実績からくる自信が感じられる。他のアマチュアから目標とされる選手への成長した松山は、ローアマチュアを奪ってやろうという追われる立場になったが、「ローアマチュアという結果を守りたいという意識はない。獲れれば嬉しいけれど、プロの中で自分がどれだけの位置にいるのかを知りたい。トップ10に入ったとしても、自分より上の順位にアマチュアがいれば仕方ないですし…ローアマチュアに特にこだわりはない」と、最後まで松山らしいコメントを残した。

第76回日本オープンゴルフ選手権競技は13日、7時にティーオフされる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約