2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
大会前第1日第2日第3日第4日
DAY4[第4日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」は16日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で第4ラウンドを行った。

72ホールを終えて、この日イー...
詳細はこちら

【昨年の金庚泰に続いて今年は裵相文。韓国選手が連覇】
プレーオフ1ホール目の18番パー4。カートに分乗した裵相文と久保谷健一がティーインググラウンドに到着し、がっちりと握手を交わした後、コイントスで打順を決めた。先に打つことになったのが久保谷で、いきなり... 詳細はこちら
【プレーオフで惜敗の久保谷は「声援に応えられず申し訳ない」】
サンデーバックナインで、一気に首位グループに浮上したのが久保谷健一だった。
激闘でしたね、という記者たちの質問に「いやー、激闘じゃないですねー。向こうは勝ちに来ていたから。僕は、どれだけ耐えられるか...
詳細はこちら
【佐藤信人は、日本オープンが新たな出発点に】
72ホールを終えて、クラブハウスへと戻ってくる佐藤信人の顔には、悔しさと充実感と収穫が入り交じっていた。

佐藤は、最終ラウンドを前に「こういう(緊張した)ゴルフになることは覚悟していた」という。...
詳細はこちら
【手嶋多一は10年ぶりの優勝にあと一歩とどかず】
昨年から開幕前日に開催されているチャンピオンズディナー。その席では、出席の歴代優勝者の中から翌年のディナーの幹事が指名される。ディナー閉幕の直前、今年幹事を務めた深堀圭一郎から、来年の幹事について話が... 詳細はこちら
【2009年チャンピオンの小田龍一がコースレコード66をマーク】
小田龍一が6バーディ・1ボギーの66でコースレコードを更新し、31位タイから6位タイまで急浮上した。これまでの記録は、2000年の日本オープン第1ラウンドで尾崎直道、川原希両選手がマークした67だった... 詳細はこちら
【ローアマチュア獲得の洪は「来年はUSツアーを目指したい」】
ローアマチュア争いは、台湾の洪健堯(ホン・チェンヤオ)と浅地洋祐に絞られていた。松山英樹は、2日目、3日目に76・78と大きく崩れていた。カットラインのギリギリで通過した松山は、この日ようやくイーブン... 詳細はこちら
【歓喜と静寂の中、メジャータイトルをかけた厳しい戦いが続く】
2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技の最終ラウンドが行われている。

昨日の強風も若干弱まり、快晴の絶好のコンディションで迎えた最終ラウンド。会場の鷹之台カンツリー倶楽部には、日本...
詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」は14日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で第3ラウンドを行った。

昨夜半には強い雨が降り、今朝か...
詳細はこちら

【イップスは友達みたいなもの…と達観した佐藤信人が単独トップに立つ】
強風が吹き荒れる悪コンディションをものともせず、佐藤信人がベストスコアタイの3アンダーパー68をマークして通算6アンダーパーにスコアを伸ばして2位のベーシックに2打差をつける単独トップに躍り出た。通算... 詳細はこちら
【2打差2位のシドニー出身のベーシック「強風が心地よかった」】
この日1オーバーパーで踏ん張って首位の佐藤信人と2打差の2位をキープしたネベン・ベーシック。「まずは、明日(最終ラウンド)も最終組にいられそうでよかった。やはり最終組でプレーすることができるのは名誉な... 詳細はこちら
【低弾道ショットで2打差3位につけたべ・サンムン】
雨……。大粒の雨がやみはじめると今度は、強風。湿った重たい風がコースを吹き荒れる。

スタート前の練習場では、その風に対して選手たちの対策が見て取れた。選手の持ち味や技量の違いによって、どう対処す...
詳細はこちら
【久保谷はアンダーパー(-1)に踏みとどまる】
「今日は、とにかくアンダーパーを死守したかった。オーバーパーになると、気力が絶えてしまいそうで怖かった」というのは、2アンダーパーからのスタートで第3ラウンドに72とひとつスコアを落としたが、通算1ア... 詳細はこちら
【執念が後半の2バーディに繋がった手嶋】
第3ラウンドに手嶋多一と同じ組でプレーしたのは佐藤信人だった。佐藤とは練習日にも一緒に回る間柄である。「よく耐えた(ラウンド)。って言うのと佐藤さんにつられたね。可笑しかった(笑)。佐藤さんが凄くいい... 詳細はこちら
【ローアマチュア争いは洪健堯が通算+3でリード。1打差で浅地洋佑が続く】
3選手だけになったアマチュアプレーヤー。3人はともに10代の有望選手だ。トップは台湾の19歳、洪健堯で通算3オーバーパーの16位タイ。1打差の通算4オーバーパーで続くのが、18歳の浅地洋佑だ。2年連続... 詳細はこちら
【強風の中、厳しい戦いが続く】
2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技の第3ラウンドは、強風の中で競技が進んでいる。

12時5分には、通算5アンダーパーで単独首位に立っているN.ベーシックと、1打差2位の河瀬賢史...
詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」は14日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で第2ラウンドを行った。

平日にも関わらず6900人を超...
詳細はこちら

【単独首位のベーシックは、「難しいセッティングに燃える」】
不思議な、と言ったら失礼かもしれないけど、大方のゴルフファンが予想した展開とは、別の展開が前半2日間に繰り広げられた。
ふと浮かんだのは、青木功の言葉だ。

「勝ちたい勝ちたい。どうしても欲しい...
詳細はこちら
【2日間で11個のバーディを奪っている河瀬が通算-4で2位に浮上】
第2ラウンドで2位に浮上した河瀬賢史(ひろふみ)は、この2日間で11バーディを獲っている。誰もが攻めあぐむコースセッティングで2日間11というバーディ数は、トップ5以内に入る。

「うーん。なんで...
詳細はこちら
【通算2アンダーパーで上位をキープした久保谷健一】
10番からのスタートでいきなりボギーと躓いた久保谷健一だったが、その後13、15番と2つのパー3ホールでバーディを奪い、通算3アンダーパーに。そして、1番ホールにターンして、またいきなりのボギー。その... 詳細はこちら
【ベテラン佐藤信人が復調の3アンダーパー】
懐かしい名前が上位に浮上してきた。佐藤信人その人である。2000年からの2年間で7勝し、2002年には谷口徹片山晋呉と賞金王争いを演じた実力者だった。2004年からはQTを経て欧州ツアーを主戦場にし... 詳細はこちら
【20位タイの石川。逆転への射程圏内につける】
第1ラウンドの石川遼は、運がなかったのかも知れない。本人が言うように「ナイスショットをしても、いいプレゼントが貰えない」と言っていた。けれどもこの日のプレーでは「気持よくプレーできた」と言っている。 ... 詳細はこちら
【ディフェンディングチャンピオンの金庚泰がまさかのカット】
3バーディ・8ボギー・1ダブルボギーで7オーバーパーの78。ディフェンディングチャンピオンの金庚泰が、通算8オーバーパーとスコアを大きく崩して2日間で姿を消した。10番ホールからのスタートで、こちらの... 詳細はこちら
【アマチュアは3人が後半進出。松山英樹はぎりぎり通過】
本選手権、アマチュア選手の出場は19人だったが、後半のラウンドに進出したのは3人だけという、ちょっと寂しく、厳しい現実となってしまった。第1ラウンドを1アンダーパーで上位にいた藤本佳則の第2ラウンドは... 詳細はこちら
【第2ラウンドの前半スタート18組が競技終了。河瀬が2つスコアを伸ばして通算-4でホールアウト】
2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技第2ラウンドは、前半18組のプレーが終了。6バーディ・4ボギーの69と2つスコアを伸ばした河瀬賢史が通算4アンダーパーにスコアを伸ばした。また、地元... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」が13日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で開幕した。

日本オープン特有の深いラフと狭いフェアウェ...
詳細はこちら

【趙珉珪が4アンダーパーで飛び出す】
難関コースを舞台にした第1ラウンド。6バーディ・2ボギーの4アンダーパーで飛び出したのは趙珉珪。強力韓国勢のひとりで、2007年プロ入りの23歳だ。今シーズンは関西オープンでツアー初優勝を果たしている... 詳細はこちら
【2週連続優勝に久保谷が2位タイと好スタート】
久保谷健一は、先週、キヤノンオープンで9年ぶりの優勝を果たした。その流れを途切れさせないまま今週、コース入りをした。

「いや、やっぱりいつもの自分っぽかった」と呟く。いつもの自分っぽさというのは...
詳細はこちら
【秋吉翔太、河瀬賢史が同組でともに2アンダーパー発進】
2位グループには、2アンダーパーで7選手が並んだ。その中で伏兵的存在だったのが秋吉翔太と河瀬賢史だ。このふたり、同じ組でのラウンドだった。河瀬は、日大出身でプロ9年目の31歳。そして秋吉は、昨年プロ入... 詳細はこちら
【12番のイーグルで2位タイ発進を決めた手嶋】
切羽詰まるという言葉は、いまの手嶋多一に見事に当てはまってしまう。

それは今季不振で、現在賞金ランキングが94位。賞金シード枠上位70位におぼつかない成績だからだ。

「滅茶苦茶焦っています...
詳細はこちら
【悲願の日本オープン初優勝に向け熟達の技が光った藤田】
「日本オープンの雰囲気は、やっぱりいいよね。バチバチ感じるし、なんともいえない雰囲気……僕は、好きですねぇ。(難しいセッティングで深いラフのコースは)愉しくないけど、やりがいがありますね」

昨年...
詳細はこちら
【目が離せないローアマチュア争い。松山と藤本が上位につける】
ついこの間のアジアアマ選手権を連覇して、早々と来年度のマスターズ出場の権利を得たアマチュアの松山英樹。その「いままでにない重圧」に打ち勝って、今年の日本オープンにやってきた。

練習ラウンドでは「...
詳細はこちら
【ともにティーショットが乱れた石川遼と金庚泰】
ディフェンディングチャンピオンの金庚泰と石川遼の同組対決が第1ラウンドから実現して大ギャラリーを引き連れてのラウンドとなった。お互いに「刺激し合えるいい関係」という両選手だが、今日は、刺激ならぬラフで... 詳細はこちら
【午前スタートの18組がホールアウト。ベーシックが-2をマーク】
第76回日本オープンゴルフ選手権競技は13日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で開幕した。

曇天の中、ティーオフした午前スタートの18組がホールアウトし、N.ベーシックが2アンダーパーをマークして...
詳細はこちら
【第1ラウンドが定刻7時にスタート】
2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技が13日、千葉県の鷹之台カントリー倶楽部で開幕した。

好天に恵まれたこの日、7時00分に1番ホールから第1組、10番ホールから第10組がそれ...
詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
震災復興支援グリーン・ティーチャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」が明日13日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で開幕する。

愛知カントリー倶楽部で開催された昨年大会...
詳細はこちら

【チャンピオンズディナーを開催】
日本ゴルフ協会は、昨年から日本オープンの歴代優勝者を招待し、チャンピオンズディナーを挙行しています。

第2回目となる本年は、鷹之台カンツリー倶楽部にディフェンディングチャンピオンの金庚泰選手をは...
詳細はこちら
【組合せとスタート時刻が決定】
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」の第1・第2ラウンドの組合せとスタート時刻が決定しました。

本年の日本オープンは、2000年大...
詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約