2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【秋吉翔太、河瀬賢史が同組でともに2アンダーパー発進】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
秋吉翔太
2位グループには、2アンダーパーで7選手が並んだ。その中で伏兵的存在だったのが秋吉翔太と河瀬賢史だ。このふたり、同じ組でのラウンドだった。河瀬は、日大出身でプロ9年目の31歳。そして秋吉は、昨年プロ入りしたばかりの21歳の新人である。面識があるわけではないが、お互いに好プレーで刺激し合っての好スタートとなった。

ルーキーの秋吉は、九州オープン上位入賞からの日本オープン出場を狙ったが、ここでは資格をとれず、アジアパシフィック・パナソニックオープンで幸運に恵まれた。上位5選手に与えられる出場権。同オープンの結果、上位5選手は、そろってすでに出場権を得ていたため、九州オープン8位タイだった秋吉
河瀬賢史
に繰り上げ出場権が与えられたといういきさつがある。

10番ホールからのスタート。2オーバーパーでターンした後半に、また幸運が待っていた。3番でバーディを奪い、続く4番パー5ホールで第2打をピンまで15ヤードに運んだ。175センチ、68キロ。アスリート系の体格からドライバー飛距離は300ヤードを記録する。飛ばし屋である。ピンまで15ヤード。サンドウェッジを使ってのアプローチショットが直接カップに沈むチップインのイーグルだ。幸運というのは、秋吉に失礼か。

技も光る。勢いに乗って6番でもバーディを奪って後半は4アンダーパーの32、通算2アンダーパーでのホールアウトとなった。

前半、1アンダーパーでリードしていた河瀬は、後半の7番ボギーで秋吉に逆転されたものの、最終9番ホールをバーディで締めくくって先輩プロの貫禄を見せた。ホールアウトしたグリーン上、ガッチリ握手してお互いの健闘を讃え合う両選手の姿があった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約