2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【68をマークしたベーシックが通算-5で単独首位に立つ】
第2日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
N.ベーシック
河瀬賢史
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」は14日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で第2ラウンドを行った。

平日にも関わらず6900人を超えるギャラリーが観戦に訪れたこの日、単独首位に立ったのは、68をマークしたN.ベーシック。10番ホールからスタートしたベーシックは、前半の9ホールで2バーディを奪うと、後半5番でボギーを叩いたものの、7、9番でスコアを伸ばし、通算5アンダーパーでホールアウト。2位の河瀬賢史に1打差をつけた。2打差の3位には69をマークした佐藤信人、さらに1打差の4位タイに2001年大会優勝の手嶋多一S.コンラン
金庚泰
久保谷健一がつけている。

68位タイスタートの石川遼は、4バーディ・2ボギーの69と2つスコアを伸ばして通算2オーバーパーの20位タイ。ショットに精細を欠く池田勇太はボギーが先行する苦しい内容で1つスコアを落とし、通算3オーバーパーの28位タイ。昨年のローアマチュアでアジアアマチュア選手権連覇を果たし、来年のマスターズ出場を決めている松山英樹は、12番でダブルボギーを叩くなど5つスコアを落として通算6オーバーパーの58位タイで第2ラウンドを終え辛くも後半のラウンド進出を決めた。

なお、この日カットが行われ、通算6オーバーパーの58位タイ、64人が後半のラウンドに進むこととなった。1アンダーパー9位タイでスタートした藤田寛之は1バーディ・5ボギー・2ダブルボギーの79と大きくスコアを崩し、通算7オーバーパーの65位タイ、ディフェンディングチャンピオンの金庚泰は、通算8オーバーパーの75位タイに終わり、大会連覇の夢はついえた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約