2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【20位タイの石川。逆転への射程圏内につける】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
第1ラウンドの石川遼は、運がなかったのかも知れない。本人が言うように「ナイスショットをしても、いいプレゼントが貰えない」と言っていた。けれどもこの日のプレーでは「気持よくプレーできた」と言っている。

10番ホールからスタートして、いきなりバーディ。11番でボギーとしても、続く12番でバーディを奪って取り返す。「11番でボギーが来ても、流れが変わった感じがなかったので……。ともかく、第1ラウンドで出遅れて、残り3日間が大事だと思ったので、パッティングも自分のリズムを崩さずに打とうと心がけました」

前半で1アンダーパー、後半に入って3、5番とバーディ。7番でボギーとしたものの、この日2
アンダーパーで回り通算2オーバーパーの20位タイ。首位と7打差ながら逆転の射程圏内だ。

「昨日(第1ラウンド)から自分の順位は把握しないようにしていました。それは今日(自分のゴルフで何をすべきか)やることが明解だったので、ともかく4オーバーパーからのスタートだったので、残り2日間(3日目まで)でアンダーパーにもっていこう。72ホール終わって、上に入れば第1ラウンドに何位でも関係ないじゃないか、っていう気持ちで臨みました。これで4オーバーパー(という悪いスコア)から今日に繋がったように思うし、悪いものが(第1ラウンドで)全部でたと……」

通算2オーバーパーは、残り2日間36ホールの戦いでは、射程圏内である。

うまく繋いでこられた石川のリズム。明日のプレーが大きく左右するに違いない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約