2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【通算2アンダーパーで上位をキープした久保谷健一】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
10番からのスタートでいきなりボギーと躓いた久保谷健一だったが、その後13、15番と2つのパー3ホールでバーディを奪い、通算3アンダーパーに。そして、1番ホールにターンして、またいきなりのボギー。その後は我慢のパープレーを続けての通算2アンダーパーでのフィニッシュだった。

久保谷といえば、このところ、その嘆き節ですっかり知られるようになった。そこで、第2ラウンドの話を、できるだけ多く、そのままお伝えすることにしよう。

「やっぱり、曲がり倒した。耐えているだけ。もうちょっとまともに当たってくれたら面白くなるかもしれない。バーディが少ない? フェアウェイ
にいって、いいところからショ
ートアイアンで打っていたら、一流選手ならもっと(ピンそばに)つけられる。だから僕は一流になれないんだよね。こんな内容のゴルフだったら、一流選手なら自分に腹を立てると思うよ。でも、僕は、腹を立てるほどのショットを持ってもいない。ショットがまっすぐ行くのに曲がったら起こるでしょうけど、僕は曲がり倒しているから、“またか”って思うだけですもん」

これが、4位タイにいる選手の話だとは、にわかには信じられないかもしれないが、まぎれもなく、久保谷本人のコメントである。そして、続きもある。

「(キャノンオープンで)優勝した翌週の予選落ちは、一番みっともないと思っているので、まあ、予選通過できてよかった。こんなパランパランなゴルフでも、この位置にいられるので、一回ぐらい優勝争いを楽しめる状況があるといいね。そのためにも、もうちょっとまともに当たって欲しいな…」

くどいようだが、これ、ぎりぎりで予選を通った選手の話ではなく、7人しかいないアンダーパー選手のひとりで、4位タイの好位置をキープしている久保谷の話である。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約