2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【2日間で11個のバーディを奪っている河瀬が通算-4で2位に浮上】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
第2ラウンドで2位に浮上した河瀬賢史(ひろふみ)は、この2日間で11バーディを獲っている。誰もが攻めあぐむコースセッティングで2日間11というバーディ数は、トップ5以内に入る。

「うーん。なんででしょうねぇ。難しいコースなんですけど、相性がいいんですよ。このコースと僕の相性が、かなりいいな、と練習日に感じたんです」と、まるで人ごとのように、自分の好スコアを分析した。

河瀬の今季の成績は、あまりよくない。これまで14試合に出場して賞金を稼げたのは、6試合しかない。だから「現在、賞金ランキング76位なのですが、ひとつでも上に行きたいという気持ちだけで戦っていました。自分のゴルフスタイル
を崩さずにやれば……」なんとかなる、という気持ちがある。

河瀬は、日大出身。10月28日で31歳になる。藤田寛之選手が憧れという彼は、折りにつけ藤田のアドバイスを仰いでいる。「東海クラシックで、自分は試合に出れなかったけれど、練習場で練習していたら藤田さんから、いい感じだね、と言われて、その頃から調子が少しずつ上向きになってきたんです」

今季も前半戦では、ショットに悩んでいた。「練習しても練習しても、何も発見出来ないで終わるのが普通なんです。何かがつかめないと、それは練習した成果にならない。それを東海クラシックのときに、発見できたのがバランスよく振るということでした」

アプローチでも「藤田さんから、パッティングの延長と考えたら? と言われて、あ、こうすればいいのか、というヒントが掴めたのが大きかったと思います。そうなると、道筋がみえてきて、じゃあ、こうしたらどう、こうすれば、と、好転してきたんです」

通算4アンダーパー。首位のN・ベーシックとは1打差。

「天気予報では、明日は雨ですし、ホールロケーションも厳しくなるだろうし、まだまだ手応えなんて状態ではないですね。あと2日間。特に明日、雨が降れば、コースは怪物になるだろうし……」

それでも、2日間で11個のバーディ数は、際立っている。河瀬は、集中すると余計な物が何も見えなくなるタイプだと言った。「第1ラウンドのハーフターンのときに、藤田さんやキャディの梅田さんが、僕に熱い視線を送ってくれていたのに、まったく気付きませんでした。ほんと、なにも見えなくなって入り込んじゃうんですよ(笑)」

その集中力が、あと2日間うまく使えれば……と、河瀬は、このビッグチャンスを見据えていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約