2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【単独首位のベーシックは、「難しいセッティングに燃える」】
第2日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
不思議な、と言ったら失礼かもしれないけど、大方のゴルフファンが予想した展開とは、別の展開が前半2日間に繰り広げられた。
ふと浮かんだのは、青木功の言葉だ。

「勝ちたい勝ちたい。どうしても欲しいタイトルって、恋焦がれると逃げられてしまう。日本オープンの難しさだよなぁ」青木功は、日本オープン挑戦14年目に優勝した。

そういう特別な意識を自分では持つのはよそうと思っても、本能的に湧いてしまう。かつて倉本昌弘が「メジャーの怖さというか、痛さを知っていると、どうしても丁寧に丁寧に攻めてしまう。特に前半2日間は、なおさら。それは、突っ走って大きな穴に落ちたら痛い目に遭うって、嫌というほど知っ
ているからなんですよ」と語ったことがある。メジャーだと意識すればするほど、窮屈なゴルフが待っているというわけだ。
メジャータイトルの見えない敵は、そんな部分に潜んでいる。

それがこの2日間の順位に映しだされているのかも知れない。

2日間を終えて、通算5アンダーパーで首位に立ったのは、オーストラリアのネベン・ベーシックだった。ネベン・ベーシックという選手の名前を印象づけたのは、今年の小野ゴルフ倶楽部で開催された関西オープンだった。1967年に杉本英世がマークした67というコースレコードを軽々と抜く61という驚異的なスコアを出して、一躍日本のゴルフファンにベーシックという名前を刻み込んだ。前半2日間で13アンダーパーと独走態勢に入ったものの3日目に77と叩いて結局3位タイに留まった。

彼は、オーストラリアのシドニー出身。実家の裏にレーンコーブCCというゴルフ場があって、ゴルフは身近な「遊び」だった。5歳でゴルフを始め16歳のときに2アンダーパーで回った。ゴルフ場のショップの手伝いをしながら少年時代を過ごし、シドニー大学では経済学を専攻した。
「昨日(第1ラウンド)と似た感じで、ただひたすら1打ずつこなしていった」というベーシックのコメントが、まさにメジャーだという特別意識を捨て去った心境だったのだろう。

「日本は全体的にコースの状態がよく、グリーンコンディションが整っていてプレーしやすい。さらにオーストラリアと時差もほとんどないので、行き来しやすい」

この日、10番からスタートして、15、16番とバーディ。さらに5番でボギーとしたものの7、9番とバーディとして3アンダーパーのこの日のベストスコアタイだった。世界の4大メジャーでいちばん好きなのは全米オープンだと言う。その理由を訊くと「だって最もタフなコースで戦うんだもの」と言っている。

彼は、難しいコースになると燃えるタイプなのだろう。「明日は雨? まあ、自分自身に、(雨の中での)いい経験を積むんだ、と割り切るしかないかなぁ」とあっさりと言った。

メジャーがほんとうに怖いと思うのは、実は、後半の2日間である。

その時、誰が、どういう形で上位に名前を連ねてくるか楽しみである。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約