2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【通算-6で佐藤信人が復活優勝に王手をかける】
第3日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
佐藤信人
N.ベーシック
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」は14日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で第3ラウンドを行った。

昨夜半には強い雨が降り、今朝からは強風と厳しいコンディションに見舞われたこの日、上位陣がスコアメイクに苦しむ中、一次予選から日本オープンに挑戦している佐藤信人が3つスコアを伸ばして通算6アンダーパーとし、2位のN.ベーシックに2打差をつけて単独首位に立った。

この日の佐藤は、1番でバーディを奪うと2番でボギーを叩いたものの、5、6番で連続バーディ。後半も2バーディ・1ボギーにまとめて68をマーク。日本オープンでは自身初の
浅地洋祐
洪健堯
最終ラウンド最終組で復活優勝を目指すこととなった。首位と4打差の3位には現在賞金ランキングトップのべ・サンムン、さらに1打差の4位タイに2週連続優勝がかかる久保谷健一と2001年大会チャンピオンの手嶋多一がつけている。

通算でアンダーパーをマークしたのは5人のみという日本オープンらしい展開となった本選手権。上位進出を狙った石川遼はボギーが先行する苦しいプレーで1バーディ・5ボギーの75でホールアウト。通算6オーバーパーで池田勇太らとともに27位タイで第3ラウンドを終えた。

なお、ローアマチュア争いは、通算3オーバーパーで全体の16位タイにつけている台湾の洪健堯が浅地洋佑に1打のリードをつけて、明日の最終ラウンドを迎える。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約