2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【執念が後半の2バーディに繋がった手嶋】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
第3ラウンドに手嶋多一と同じ組でプレーしたのは佐藤信人だった。佐藤とは練習日にも一緒に回る間柄である。「よく耐えた(ラウンド)。って言うのと佐藤さんにつられたね。可笑しかった(笑)。佐藤さんが凄くいいゴルフをしていたから……。普通ならば4か5オーバーパーするところだったけれど、1オーバーパーで耐えることができたのは、佐藤さんについて行こうと思った結果ですね」と手嶋は、同伴競技者の佐藤信人に引っ張られた、感化されたと言う。

その佐藤は「(手嶋さんとはお互い)頑張らないといかんと言っていたけど、手嶋さんは感情出さないので、思うところはあるのでしょうけど、プレーを見ているとそんなの見えないし、
いつもの知っている手嶋多一に見えるので……」と慮るのは、手嶋が今季の賞金ランキングで、シード権がとれるかとれないかは、この大会を含め残り6試合の成績にかかっているという切羽詰った状況にあるからだ。

2番ホールでボギー。6番でもボギー。その流れをなんとか食い止めたのが8番のバーディだった。けれども、後半に入っても崩れかかる。10、11番で連続ボギー。切羽詰った状況の手嶋の執念が、13番、17番のバーディに繋がったのかも知れない。踏ん張って、踏ん張って耐えた1オーバーパーの72。通算1アンダーパーで明日の最終ラウンドを迎える。

「今年は調子もよくなかったりしていましたから、まずは、ひとつでも順位を上げることと、上位を目指して……(優勝狙いは)気長にね」
今日の踏ん張りが、きっと明日につながることを祈りたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約