2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【2打差2位のシドニー出身のベーシック「強風が心地よかった」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
この日1オーバーパーで踏ん張って首位の佐藤信人と2打差の2位をキープしたネベン・ベーシック。「まずは、明日(最終ラウンド)も最終組にいられそうでよかった。やはり最終組でプレーすることができるのは名誉なことなので、明日のゴルフも楽しみにしている」と安堵と嬉しさが入り交じった顔で語った。

彼がゴルフを覚えたのは、オーストラリアのニューサウスウエルズ。シドニーである。ここは海からの風が年がら年中吹いていて、そういう中でいつもプレーをしているベーシックにとっては、風は、ゴルフゲームの基本なのだろう。

スタート前の練習も、最後は、ラフに入ることが当たり前のように、グリーン周りのラフからの練習
に多くの時間を費やしていた。「シドニーでは、今日よりももっと強い風がふくことがあり、だからこういった風には慣れている」と平気な顔でいう。しかも、こう付け加えた。「コーチにこういう風の時のプレーの仕方を特訓してもらっていたので、どちらかというと今日の風は、心地良かった」といってのけた。

彼が幼い頃からプレーしていたレーンコーブCCは、4284ヤード、パー64というコースだけれど、シドニーのウッドフォード湾からすぐ近くにあるから風はつきものだ。さらにこの地区の有名なコース、ニューサウスウエルズは、マッケンジー博士が設計した有名なリンクスコースがある。ベーシックが一番好きなコースに選んだロイヤルアデレードも、深いラフや戦略性の富んだコース。

1番ホールでいきなりボギー。それを2番のバーディで取り返す。5番でバーディ。ところが9番ホールでダブルボギーを叩いてしまう。後半は、じっと耐えるゴルフが続いた。15番までパープレーで回り16番でボギー。そして18番をバーディで締めくくってこの日72の1オーバーパー。通算4アンダーパーだ。

「(18番は)第1ラウンドはボギー、第2ラウンドはパー。そして今日はバーディ……やはり最後をバーディで上がれると気持ちいい。明日(最終ラウンド)に向けていい布石になった気がする。明日は、積極的なゴルフがしたいけれど、今日と同じように、1打ずつ着実にショットを打っていくことを心がけたい」と目を輝かせた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約