2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【久保谷はアンダーパー(-1)に踏みとどまる】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
「今日は、とにかくアンダーパーを死守したかった。オーバーパーになると、気力が絶えてしまいそうで怖かった」というのは、2アンダーパーからのスタートで第3ラウンドに72とひとつスコアを落としたが、通算1アンダーパーに踏みとどまった久保谷健一だ。

1、2番と連続ボギーのスタートとなってしまった。特に2番は3パットでのボギーだった。「それで、ガツガツやるより、おとなしくやろう」と、気持ちを切り替えたという。「そしたら、何度かチャンスがあって、それを決められたので盛り返せた」嘆きの久保谷だ。話はいいところだけでは終わらない。「でもね」と続いたセリフは、こうだ。

「上がりの16、17番の連続ボ
ギーがねえ…。パランパランだったドライバーショットがアイアンにまで移ってしまって、(スコアを)まとめようがなくなってしまった。あれが、最初の方でなかったのが、せめてもの救いだったね。最初から、あの調子だったら、アンダーパー死守なんて言っていられないもの。大変なことになっていたと思うよ」

話は、突然変わる。「それにしても、後ろの組で佐藤さんは、本当にポコポコ入れていたねえ。手嶋さんや佐藤さんは、ラフからのアプローチショットが上手いし、パットが決まり出すともの凄いスコアを出す。それができるあの人たちと僕は、違うんです」

第1ラウンドから、ずっとこの調子の嘆き節が続いているが、通算1アンダーパーは、まだまだ優勝を狙える位置にいる。密かに2週連続優勝を目論んでいるのではないのか。「優勝? 狙う? それは、皆さんに失礼ですよ。この内容のゴルフではね」。先週のキャノンオープンでも、そんなことを言いながら勝ってしまったのではなかったのか。

「じゃあ、大穴ということにしておいてください」

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約