2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【歓喜と静寂の中、メジャータイトルをかけた厳しい戦いが続く】
第4日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
最終組スタート風景
2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技の最終ラウンドが行われている。

昨日の強風も若干弱まり、快晴の絶好のコンディションで迎えた最終ラウンド。会場の鷹之台カンツリー倶楽部には、日本一の称号をめぐる熱戦を一目見ようと1万人を超えるギャラリーが訪れ、熱い視線を選手たちの注いでいる。

狭いフェアウェイと深いラフに加え、徐々に固さを増すグリーンは、優勝争いのプレッシャーの中でプレーを続ける上位選手を苦しめるだろう。
72ホールに及ぶ熱戦の末に優勝杯を手にし、歓喜の声に包まれるのは、誰なのか。

通算6アンダーパーで単独首位に立っている地元出身の佐藤信人、2打差2位につけ
多くのギャラリーで賑わうギャラリープラザ
ているシドニー出身で爆発力が魅力のN.ベーシックの最終組。さらに現時点で賞金ランキングトップに立っているべ・サンムンと、2週連続優勝を目指す久保谷健一の31組。2001年大会優勝の手嶋多一と昨年大会最終ホールの4パットで逆転優勝を逸した武藤俊憲の30組。

ベテランと外国勢の凌ぎあいに注目だ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約