2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【裵相文が久保谷健一をプレーオフで下して初戴冠を果たす】
第4日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi /Y. Watanabe
プレーオフ1ホール目で決着
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技」は16日、千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で第4ラウンドを行った。

72ホールを終えて、この日イーブンパーでホールアウトした裵相文(べ・サンムン)と1アンダーパーをマークした久保谷健一が通算2アンダーパーで首位タイに並び、優勝はプレーオフに持ち込まれた。プレーオフの1ホール目、ティーショットを左ラフに打ち込んだ久保谷に対してベはフェアウェイをキープ。3打目勝負に出た久保谷がサブグリーン手前ラフからのアプローチを寄せきれずボギーを叩いたのに対し、ベは冷静にパーパットを沈めて、日本オープン初優勝を
佐藤信人
コースレコードをマークした小田龍一
果たした。

通算6アンダーパーの単独首位で最終ラウンドをスタートした佐藤信人は、前半で2つスコアを落とすと10番ホールでは痛恨のダブルボギー。後半に再三チャンスを迎えたがパットを決めきれず通算1アンダーパーの3位に終わった。さらに1打差の4位にN.ベーシックがつけ、この日コースレコードとなる66をマークした2009年大会優勝の小田龍一が6位タイとなった。日本オープン初優勝の期待がかかった石川遼は、前半グリーンのタッチが合わず4バーディ・4ボギーのパープレーでホールアウト。通算6オーバーパーで18位タイに終わった。

なお、ローアマチュア争いは通算4オーバーパーで全体の10位タイに入り、浅地洋佑に3打差をつけた台湾の洪健堯が獲得した。今タイトルは、昨年のアジアパシフィックパナソニックオープンゴルフ選手権競技のローマチュアに続き、JGA主催競技の2つ目となった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約