2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【佐藤信人は、日本オープンが新たな出発点に】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
18番でバーディパットを決め切れず
72ホールを終えて、クラブハウスへと戻ってくる佐藤信人の顔には、悔しさと充実感と収穫が入り交じっていた。

佐藤は、最終ラウンドを前に「こういう(緊張した)ゴルフになることは覚悟していた」という。「最終ラウンド最終組は、一段も二段も緊張が違って、朝から手の動きが普通じゃなかった感じでした。最後は、クラブを振って球を打っていただけでした。でも、崩れながらも、我慢したのは、いい勉強・経験になりました」

まるで初優勝を経験する選手のように彼は、語り始めた。

それもそのはずだ。彼にはブランクがあった。ツアー通算の優勝回数は、9回ある。けれども、最後に優勝したシーズンは、2002年のフジ
サンケイ・クラシックと日本ツアー選手権の2勝である。以来、彼は一度も優勝していない。その間、欧州ツアーに挑戦し、さらに帰国して日本ツアーに出始めたころに、パッティング・イップスにかかってしまって、シード権も失ってチャレンジツアーの生活が始まったのである。

第3ラウンドを終えて通算6アンダーパーで首位。2位は2打差のネベン・ベーシック(豪州)そして、3位には、4打差で裵相文。ようやく訪れたイップス脱出と優勝争いだった。「ここはおもいっきり地元なので、子供の頃の同級生とか近所の方とかみえて、今回実家に泊まっているけど、そういう見えない力、応援が大きいのかな。実家は幕張、(コースからは)20分ぐらいなんです」

佐藤が上位にくると、彼の苦労を知っている人たちが、18ホール、つきっきりで声援を送る。「その声援が、とても熱くビシビシ感じましたよ」と、彼のキャディさんも語る。

最終ラウンド。佐藤のゴルフは、昨日までとは違って、緊張が外からでも見て取れた。3番でボギー。そして7番でもボギー。さらに10番では、ダブルボギーと崩れる。それでも、2アンダーパーで首位を走る裵相文や久保谷健一と並んでいた。

バーディチャンスが、まったくなかったわけではない。むしろ、18ホールで半分ほど、チャンスをことごとく外したという印象が強い。普通ならば、そこで集中が途切れて、ズルズルと後退するような、辛い苦しいラウンドだった。「崩れながらも、我慢したのは、いい経験・勉強だった」というコメントは、そのことを言っているものだ。

1アンダーパーで迎えた18番ホール。先に上がっていた久保谷と裵の2アンダーパーに追いついてプレーオフに残れる最後のチャンス。その4メートルの距離をわずかに左に外してしまい3位にとどまった。「あんなにフックするとは……真っ直ぐかなと思ったんですけど……。まあ、一日中ビビっていたので、打てなかったし、それで最後は切れたのかなと思います」

佐藤は、イップスを克服したといっていい。それは、この苦しいゲームの中で、耐えぬいて来たという自信が増えたからだ。

この3位の賞金、1540万円で、シード権もまず間違いないだろう。「いまは頭が真っ白なので、ゆっくり考えて、次の目標を立てて、それに向かっていきます」

彼の人間味溢れるゴルフは、これから新たな出発となるはずだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約