2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【プレーオフで惜敗の久保谷は「声援に応えられず申し訳ない」】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
サンデーバックナインで、一気に首位グループに浮上したのが久保谷健一だった。
激闘でしたね、という記者たちの質問に「いやー、激闘じゃないですねー。向こうは勝ちに来ていたから。僕は、どれだけ耐えられるか、でした」と久保谷らしい解説をした。

3番でボギー。続く、4、5番で連続バーディ。さらに11番でボギーとしたものの12番でバーディ。久保谷の言葉通り、残り13ホールは、耐えて耐えてのパープレーだった。「これだけ耐え耐えで2週間(先週のキヤノンオープンは、優勝)やってきたので、ボギーを打たないように、パーで上がるぞって気持ちがあったのは、成長したかも……」

でも……と久保谷は言った。「で
も、ギャラリーの大きな声援に応えられなくて、申し訳けない気持ちでいっぱいです。魅せてあげたかったなぁ。2年前くらいの球が打てていたら……」

久保谷は「気持ちよく振ると、ボールが左に曲がる」という悩みをいま抱えていた。だから、どうしても合わせに行く。気持よく振れない。「なんか、(スイングの調子が)狂っているから、1ヶ月や2ヶ月では治らないから、最初から立て直しです」と言う。だましだましのドライバーショットを、ようやく18ホール終えた。「終盤、15、16、17番あたりで、長い距離のパットもうまくいってくれたので、それが大きかったですね。ショットがもう少しまともになれば、いけるという感触も掴めたのも自信につながりました」

裵相文とのプレーオフでは「キャディと、18ホール終えたところで、これで2度とドライバーを打たなくていいな、って、話していたら、プレーオフでもう1回でしょう」そのときに、不安が的中した。左に引っ掛けてしまったのだ。「彼は、ドライバーがフェアウェイに行っていて、完璧だった。褒めたいし、こういう人間が勝つべきなんだって……」

それでも41歳の久保谷にとって、この日本オープンでの優勝争いは、大きな収穫だったに違いない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約