2011年度(第76回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
NHKニュース&スポーツ・大会動画配信
本大会は、(財)上月スポーツ・教育財団の
助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【昨年の金庚泰に続いて今年は裵相文。韓国選手が連覇】
第4日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
プレーオフ前の握手
プレーオフ1ホール目の18番パー4。カートに分乗した裵相文と久保谷健一がティーインググラウンドに到着し、がっちりと握手を交わした後、コイントスで打順を決めた。先に打つことになったのが久保谷で、いきなりこのところの不安の種になっていたドライバーショットのフックが出てしまった。左林に近い深いラフ。裵相文は、プレーオフが決まった段階で、ドライバーショットを確実にフェアウェイに打ち出すことを考えていた。その10数分前には、本戦の18番ティーショットを久保谷と同じように左ラフに曲げていたにも拘らずに…。どういうことなのか。種明かしをしてくれたのは、優勝が決まってからだった。

「72ホール目のときは
14番でイーグルを決める
、ティーアップしたボールが落ちそうな気がして急いで打ってしまった。タイミングがずれてフックさせただけだった。だから、自分のタイミングで打てばフェアウェイヒットする自信があった。この大会、自分のドライバーショットは、ずっと好調だったから、それもあって…」

久保谷の第2打がグリーンを大きくショートした後の裵相文は「ピンの手前に乗せて上りのパットを残そう」と冷静に計算し、そのとおりに実践した。先にパットして50センチほどオーバーさせたものの、久保谷がパーパットをはずした後にウィニングパットを慎重に沈めて来日2年目にして日本オープン初優勝を果たした。今季日本ツアー3勝目。優勝賞金4000万円を加えて1億円を突破(1億2752万円余)、2位の石川遼に約5千万円の差をつけて賞金王の座を大きく引き寄せた。昨年は、金庚泰が日本オープン優勝から韓国選手初の賞金王になっている。その金と同じ道を突っ走りそうな勢いを感じる。

先週のキャノンオープンでは予選落ち。金曜日に韓国に一時帰国して病院に直行した。風邪だった。治療を受け、体調を整えると、ショット調整に取り組んで、日本オープンの週の月曜日に日本に戻ってきた。「体調も、ショットの調子も戻ったので、優勝を狙っていた。難しいコースだから、ボギーが出るのは仕方がない。でも、最小限に抑えて、それ以上のバーディをとる。そういうゴルフができればチャンスがあると思いました」

これもまた、計算通りに実践できた。最終ラウンド、キーになったホールを「3、8、14、18番だった」と言った。3、8番はいずれもバンカーからの難しい状況からのパーセーブだった。14番パー5(607ヤード)は、10、12番とボギーを叩き、1アンダーパーまで後退して迎えたホールだった。会心のドライバーショットでフェアウェイをとらえた後、ピンまで270ヤードの第2打を5番ウッドでこれまた会心のショット。みごと1.2メートルのイーグルチャンスを作り、これを楽々沈めて3アンダーパーの単独トップに躍り出た。続く15番パー3をボギーにして、久保谷とのプレーオフにもつれこんだのだが、粘りと爆発力を披露した3ホールのプレーぶりではあった。

さて、賞金王の座も引き寄せた裵相文だが、「そうあって欲しいとは思うけど、まだわからない」と慎重だった。「石川遼はじめ強い選手が多いから、この先どういう展開になるのか…。それと、自分は、シーズン最後の2試合(カシオワールド、日本シリーズ)には出ないから、抜かれるかもしれないし…」

裵相文は、この時期USPGAツアーのQT受験を決めている。突破して、2012年は同ツアーでの戦い、というのが青写真である。米ツアーを主戦場にすることになったら、そちらに専念するのであろうか。日本オープン優勝で日本ツアーでは5年間のシード権が与えられる。「USPGAツアーの日程があいたときには、日本の試合に出るつもり。でも、一番の目標はUSPGAツアーで優勝すること」

裵相文は、世界へのジャンプアップを狙っている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約