2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【いよいよ明日開幕】
大会前 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
片山 晋呉
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権」が明日17日、茨城県の茨城ゴルフ倶楽部・東コースで開幕する。
16日の指定練習日は「10年に1度」と言われる台風26号が関東地方に接近し、早朝から強風雨に見舞われた。午前9時過ぎに台風が通過すると、茨城ゴルフ倶楽部コース管理課の方々などの懸命の復旧作業により、10時30分には練習場がオープン。天候の回復を見て、出場選手も続々とコースに姿を現し、明日の第1ラウンドに向けて最終調整に励んだ。
コカ・コーラ東海クラシックで5年ぶりとなるプロ入り通算27勝目をあげて復活を遂げた片山晋呉は、自身は「復活では
藤本 佳則
久保谷 健一
なく、新生・片山の誕生」と、燃え尽き症候群から抜け出し、新たな片山象を作り上げてきた。正確なショットと冷静なコースマネジメントに加え、ドライビングディスタンスも自身最後の賞金王に輝いた2008年当時よりも約8ヤード伸び、片山の言葉通りの進化を遂げている。日本オープンは2005年大会、2008年大会の2度制しているものの、2009年以降はトップ10入りを逃し、昨年大会ではカットと厳しい結果が続いている。ナショナルオープンの重みを知る選手なだけに、ここ数年の日本オープンでの不振を払しょくしたいところだ。しかも、その舞台が地元、茨城県であれば、片山の気持ちも盛り上がるだろうことは想像に難しくない。しかし、片山は、「ゴルフの調子?普通ですよ」と、さらりといなし、「このコースは本当に難しい。良い意味で、本当に難しいと思う。ティーからホールに入れるまで全部ね」と、警戒心を高める。「この舞台では、総合力が無いと勝てないと思う。自分の実力が出てくれれば、第1ラウンドからとかじゃなく、72ホールでいいところ(順位)に入れると思います」その言葉は、やはり新生・片山の自信を感じさせる。3度目の優勝とともに、新生・片山晋呉を確かなものにしたいところだ。

昨年の日本ゴルフツアー選手権でプロ入り初優勝を飾ってから1年と半年あまり。先週のツアー競技でプロ2勝目を挙げた藤本佳則が、2つ目のメジャータイトルを狙う。先週の大会では、通算24アンダーパーでの優勝とスコアの伸ばしあいを制した藤本だが、日本オープンは、「いかにパーを獲っていくかの勝負」と先週のイメージとは真逆の戦いとなることを肝に銘じている。だからこそ、「先週とのギャップはあると思うし、切り替えないといけないですね」と自分のプレーの調子よりも、イメージの転換を最優先とする。「1打1打に感情は出さず、終わったことにくよくよすることなく、淡々と普通にやっていきたい」ゴルフで大切な心のマネージメントを徹底することができれば、2週連続優勝と2つ目のメジャータイトルに近づくことができるだろう。

ディフェンディングチャンピオンの久保谷健一は、苦しいシーズンを過ごしている。全英オープンに出場するなど再びメジャーに挑戦できた年ではあるが、国内ツアーでは15試合に出場して、予選通過は5回にとどまっている。その5回もトップ10入りを果たせず、大会連覇を狙う日本オープンの指定練習日でも、暗くなるまで練習に打ち込む姿が見られた。「正直厳しい」開口一番の久保谷の言葉だ。日本オープン初制覇をした時も「自分が勝ってはいけない」と自嘲する久保谷だから、この言葉も久保谷節と思いたいが、実際のところは、「今は、全く球に当たっていないし、コンタクトが良くない。左右のブレならまだしも、距離感がダメだと正直厳しい」と不調の根は相当深そうだ。それでも、「投げやりな気持ちでプレーしたりはしない。日本オープンへの思い入れは強い。ゴルフを楽しめないかもしれないが、雰囲気は最後まで楽しみたい」と、ナショナルオープンへの熱い気持ちを吐露した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約