日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
オープンへの道のり
予選結果
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Road to Open オープンへの道のり
チャンスを生かせ! アマチュアの夢を掴む3つのルート
日本オープンゴルフ選手権競技はプロ・アマ問わず、すべての男子ゴルファーに門戸が開かれているオープン競技です。
本競技に出場するためには、厳しいハードルをいくつもクリアしなくてはなりませんが、チャンスは誰にも平等にあります。
アマチュアゴルファーが本大会に出場するためには、大きく分けて3つのルートがあります。
あなたもいずれかのルートで、日本最高峰のゴルフ競技大会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
出場資格一覧
1 2013 日本アマチュアゴルフ選手権競技 クォリファイングラウンドメダリストおよびマッチプレーベスト4
2 2013 日本学生ゴルフ選手権競技 優勝者
3 2013 日本ジュニアゴルフ選手権競技 男子15-17歳の部 優勝者
4 2012 日本オープンゴルフ選手権競技 ローアマチュア
5 2012 日本シニアオープンゴルフ選手権競技 優勝者
6 2012 日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技 優勝者
7 日本オープンゴルフ選手権競技 過去10年間(2003年~2012年)の優勝者
8 2012 日本オープンゴルフ選手権競技 上位15位
9 2012 ジャパンゴルフツアー賞金ランキング(海外メジャー含む) 上位20位
10 2013年7月8日時点でのジャパンゴルフツアー 賞金ランキング(海外メジャー含む)上位30位
11 最近5年(2009年~2013年)の日本プロゴルフ選手権 優勝者
12 最近5年(2009年~2013年)の日本ゴルフツアー選手権 優勝者
13 前年本競技の翌週から当年本競技前週までのジャパンゴルフツアートーナメント 優勝者
14 2013 日本オープンゴルフ選手権最終予選競技 通過者
15 2013 各地区連盟主催 北海道オープン、中部オープン、関西オープン、中四国オープン、九州オープン 各選手権競技に割当てられた数の成績上位者
16 2013 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン 上位5名
17 2013 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン ローアマチュア
18 JGA特別承認者
資格14617で出場する競技者はアマチュアである場合のみ参加できる。
日本オープン予選競技ルート
プロがひしめく予選競技は本大会への最短路
アマチュアが日本オープンへの出場を考えたとき、最短ルートとなるのがこの日本オープン予選競技ルートです。

本大会に出場するためには、一次予選・最終予選と、2つの予選競技をクリアする必要があります。3会場で行われる一次予選(今年は関東3会場)は18ホールストロークプレー。そして最終予選(関東1会場)は、2日間36ホールプレーで行われます。

JGA/USGAハンディキャップインデックス査定システム(J-SYS)により取得した、一次予選には「JGA/USGAハンディキャップインデックス6.4までのアマチュア」なら誰でも出場できます。また前年度の、日本学生の6位~10位、日本ジュニア(男子15~17歳の部)の2位~10位、JGTO(日本ゴルフツアー機構)のセカンド/サード/ファイナルの各クォリファイングトーナメントの出場有資格者なども参加できます。

最終予選には、一次予選通過者以外にも、当年度の日本アマチュアのクォリファイングラウンド通過者、各地区ごとのアマチュア選手権優勝者、前年度の日本学生上位5位、パブリックアマチュア選手権優勝者などが参加できます。さらに、本大会への参加資格のないツアーシード選手、前年の本大会第3ラウンド進出者など、プロゴルファーも多数出場します。

昨年の一次予選には306名が参加、そのうち99名が最終予選に進み、7名が本大会への出場資格を得ました。競争率が高く難関ですが、一次予選からわずか3ラウンドで晴れの舞台に出場できるチャンスでもあります。
地区オープンルート
地区オープンからのルートは大きな出場枠が魅力
2003年度から設けられたこのルートは、各地区連盟主催の北海道オープン、中部オープン、関西オープン、中四国オープン、九州オープンの5つのオープン競技を日本オープンの予選と位置づけ、それぞれの上位者に日本オープン出場資格を与えるというものです。

各地区オープンの参加資格などの競技規定は、それぞれ少しずつ違います。ここでは、関西オープンを例に紹介しましょう。

関西オープンは昨年からジャパンゴルフツアーの競技となりました。

ツアー競技は通常、ツアーメンバーであるシード選手と前年度クオリファイングトーナメントの上位者が出場する競技で、アマチュアの出場枠はごくわずかな主催者推薦枠に限られます。しかしながら地区オープンとして地域ゴルフの振興を目的の一つとして持つ関西オープンはこれらの他のツアー競技とは多少異なった出場カテゴリーを有します。

プロとアマチュアを分けた18ホールの一次予選会を7月に4会場で、最終予選を8月に開催しますが、この予選会の上位者24名のアマチュアが関西オープン本選競技の参加資格を得ます。 本選競技ではツアーの常連の選手と同じ舞台で4日間72ホールを戦い、上位に入った選手が日本オープンへの参加資格を得るのです。

昨年は関西オープンの本選はアマチュア24名プロ120名の合計144名が出場し、うち14名が日本オープンの出場権を獲得しました。各地区オープンの合計では43名の選手が地区オープンからのルートで日本オープン出場を果たしています。

ツアーシード選手など、トッププロも含めた多くのプロゴルファーも挑戦する難関ルートですが、出場枠は多く挑戦の価値はありそうです。
日本アマチュアゴルフ選手権ルート
アマチュア最高峰の大会から、さらに大きな夢へ
日本アマチュアは、アマチュアゴルファー最高峰の競技。ここで上位に進出することによって、日本オープンへの出場権も得られます。

日本アマチュアには、北海道、東北、関東、中部、関西、中国、四国、九州の各ゴルフ連盟が主催する地区連盟アマチュアゴルフ選手権(地区アマ)を勝ち抜いた選手が出場できます。各地区アマの参加資格はそれぞれ異なりますが、いずれも予選から本戦までの厳しい道のりです。また、日本アマチュアには、地区アマで上位の成績をおさめた選手以外にも、前年の日本アマチュアベスト8、日本オープンローアマチュア、日本シニア優勝者なども出場できます。

日本アマチュアは、2日間(36ホール・ストロークプレー)のクオリファイングラウンドの後、上位32名がマッチプレーに進出し、勝ち抜き方式で優勝者を決めるシステム。優勝するためには5日間で8ラウンドのプレーをしなくてはならない過酷な大会です。

この日本アマチュアで、クオリファイングラウンドメダリスト、およびマッチプレーベスト8に名を連ねれば、日本オープンに出場できるのです。

プロは参加できないアマチュアだけの熾烈な闘い。日本最高のアマチュアゴルファーの誇りを胸に、歴史と伝統の日本オープンに挑戦するのも悪くはありません。
2013年度 日本オープン予選競技
2013日本オープン最終予選
●参加者:132名(アマ26名・プロ106名)
●期日:8月13日(火)・14日(水)
●開催コース:大利根カントリークラブ 西コース
合計7名が本選へ出場
ランク スコア 氏名 ★一次予選からの通過者
1 134 ★川満歩
2 135 ★大塚智之
3 136 @比嘉一貴 E・チャン
5 137 川村昌弘
6 138 佐藤信人 野仲茂
2013日本オープン一次予選
合計122名が最終予選進出
■Aブロック
●参加者:53名(アマ14名・プロ39名)
●期日:7月17日(水)
●開催コース:浜野ゴルフクラブ
ランク スコア 氏名
1 65 鈴木亨
2 66 青木龍一 谷山優太 甲斐慎太郎
5 68 @深堀雷斗 市原建彦 市川雄三
下向裕也
9 69 高橋強平 @鈴木佑一郎 髙橋竜彦
Dinesh Chand 佐藤えいち
14 70 津曲泰弦 平井宏昌 中島マサオ
謝継賢 築舘利明 木下康平
岩瀬裕嵩 李亨俊
22 71 長船佑紀 横田真一 @猪狩広大
久保圭 @平井神人
27 72 大田和桂介 髙橋一美 岩崎誠
福原翔太
31 73 @塚本岳 駒井正昭 姜秀一
@鈴木敬太
■Cブロック
●参加者:38名(アマ8名・プロ30名)
●期日:8月1日(木)
●開催コース:相模原ゴルフクラブ 西コース
ランク スコア 氏名
1 70 内海道生
2 71 白水将司 畑中健司
4 72 狩野拓也 西野貴治 樋口勝信
7 73 西村和也 坂上陸郎 中山智
森多可志
11 74 安尾圭太
12 75 佐藤圭悟 @千野英樹 タケ小山
河辺拓也
16 76 山田雄太
17 77 @小室順 保田和貴 伊波芳准
岩本健太
21 78 佐藤朋行 @森下蓮 @須﨑友貴
@蛭田玲於
25 80 髙橋誠
■Bブロック
●参加者:76名(アマ14名・プロ62名)
●期日:7月24日(水)
●開催コース:千葉カントリークラブ 梅郷コース
ランク スコア 氏名
1 67 高橋佳祐
2 68 芹澤大介 古庄紀彦
4 69 薄大勝 大槻智春
6 70 藤卓也 小林伸太郎 北田隼土
近藤孝宣
10 71 吉田大輔 秋葉真一 川満歩
@加治屋舜介
14 72 岡野良祐 丸山塁 斉藤拓也
小達敏昭 櫻井勝之 小西貴紀
竹内寿樹 石田鈴千代 佐藤和夫
23 73 篠崎直樹 須貝翔太 五十嵐将司
植竹利明 杵鞭謙二 森杉大地
小野貴樹 政井伸太郎 高野幸治
鍋谷太一 高松瑠偉 菊地倫彦
35 74 阿部進 岡田豪太 金子敬一
井原健 神農洋平 @赤出川周亮
大塚智之 浅田史樹 山形陵馬
高橋良輔 橋本幸治 千葉貴洋
吉田悟 勝浦清和
@はアマチュア
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約