2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【首位タイに並んだ甲斐は「JGAの試合は相性がいいから、良い成績を」とシード復活に好スタート】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
「もし、この大会に出られなかったら、マカオで開催されるアジアツアーに行こうか、と思っていたんですよ」と、この日5アンダーパーで首位タイの甲斐慎太郎は言った。
日本オープンの最終予選の成績で「先々週の時点で、ウエイティング1番目と言われて、出られるか出られないか、まだ解らない微妙な状態。それが、繰り下がって出られるとわかったのが先週の段階でしたから。まあ、ラッキーと言えばラッキーです」。

10番からのスタートで、11、14、16、18番の4バーディ・ノーボギーの32でターンした。「ショットがよくて、長い距離でも1ピン(3 メートル前後)で、ほとんどがそれ以内の距離のバーディでした」。
後半に入って、3番でボギーとして少しブレーキがかかったものの、7、9番でバーディを獲っての5アンダーパーである。

「もう、この試合も含めて、残りの出られる試合が限られているので、精一杯がんばるしかないんです。試合に(コンスタントに)出ているときは、1年 を通してコンディション調整ができているけど、シードを落とした今は、そのあたりが難しいですね。これが最後、これが最後と思ってやるしかないの で…」。
アマチュア時代。甲斐は、圧倒的な強さを見せていた。中学2年でゴルフを始め、日本体育大学4年生の2003年には、日本学生、日本アマのタイト ルを獲得している。
そしてプロ転向し2008年には、中国・北京で開催したパインバレー北京オープン、そして三菱ダイヤモンドカップと2位に入り、vanaH杯KBC オーガスタでは初優勝を果たして、賞金ランク8位となりシード入りを果たした。けれども、体調を崩すなどシード落ちをして、焦れば焦るほど空回り する成績となっていたのである。今季も、8戦して予選通過が5回。最高成績は、ダイヤモンドカップの15位タイである。

「いや、JGA(日本ゴルフ協会)の大会は、相性がいいですから、なんとか踏ん張って少しでもいい成績を残したいですね。できれば優勝。いや5位 以内に入れば、シードも見えてくると思いますし、1打1打集中してスコアを伸ばしていければと思います」.

甲斐慎太郎にとっては、まさにこの4日間、72ホールは、サバイバルゲームになる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約