2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【「メジャー大会は楽しい」と金亨成がトップタイ】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
「難しいコース、セッティングの方が楽しい」と金亨成はいう。ただし、条件がひとつある。それは、「自分のゴルフの調子がよければ」というものだ。金は、十分すぎるほど楽しんでプレーしているように見えた。
「はい。今日は、全部いい感じでしたから。ドライバーは飛ぶし、曲がらない。ラフから打ったホール?記憶にありません。パッティングも、入れるべき距離は全部入ったうえに、おまけみたいなラッキーで入ったのもありました。まあ、やることなすこと、全てがうまくいきましたね」。実際には数度ラフに打ち込んでいるのだが、そんなことはどこかに置き忘れてしまうほど気持ちよくスウィングできていたということだろう。

今週は
、ずっとパッティング練習を続けてきたという。ショットの好調さに比べて、パッティングが決まらないことに、フラストレーションを溜めていた。金にとっての一番のストレス解消法は、納得できるようになるまで練習することだ。練習を続けているうちに何かに気づくこともあれば、実践で試したくなるポイントをつかむこともある。金の場合、日本オープンの速いグリーンを想定して、ホールの手前縁に止める練習を繰り返してタッチをつかみ、そこからホールに届くまでタッチを調整することで、対応策としていた。これが、本番でのライン設定、ストロークの大きさ、ヒットの強さを呼び覚ましたのであろう。

イメージと結果が合えば、楽しくないわけがない。5バーディでボギーはゼロ。「優勝を考えるより、この楽しさが続くように明日からも頑張ります」。
ノーボギーのゴルフをどこまで続ける気なのであろうか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約