2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【ノーボギーの宮本勝昌は「先週の予選落ち効果かな?」】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
3バーディでノーボギー。3アンダーパーの68でホールアウトした宮本勝昌は、前週のトーシンゴルフトーナメントでの予選落ちで意外な展開があったことを明かした。

「時間が空いてしまったので、練習場にいったんです。そこで、芹澤(信雄)さんと会いました。芹澤さんも、日本プロシニアで予選落ちして、同じ練習場に来ていました。ちょっと意気消沈気味でしたが、自分のことより僕の練習につきあってくれて、いろいろチェックしてくれました。自分は本来フェードボールヒッターなのに、ドローボールがでたり、逆にしっかりボールがつかまらないことがあったり…で、ショットがばらけていました。芹澤さんに指摘されたのは、下半身の動
きが鈍いというか、甘いというか、その使い方の悪さでした。もっと意識して土台を固めること。その中で下半身を使うこと。1時間ぐらいで筋肉痛になるほど中味の濃い練習ができました。それだけ下半身の働きが緩んでいたということですよね。チーム芹澤の基本を忘れていました。それを思い出させてもらいました」。

そして臨んだ日本オープン。ティーショットが、安定していた。確実にフェアウェイをとらえていく。「10番からのスタートで、最初の3ホールをフェアウェイから打てたことで、良いリズムをつかめました」。11番では、9番アイアンで打った第2打がピン手前4メートルに寄り、これを沈めてのバーディもあった。
17番パー3(223ヤード)では、4番アイアンのショットでグリーンをとらえ、8メートルほどのパットを一発で決めた。予選落ち後の練習で、パッティングのストロークまでよくなっていた。距離の長い(507ヤード)1番(パー4)では、アプローチショットを寄せ切れずに5メートルのパーパットを残したが、これもホール真ん中から決めている。ピンチをしのいでいるうちに、チャンスが巡ってくる。6番(パー3)では40センチにつけて3つ目のバーディがきた。

「こんなゴルフ、本当に久し振りのような気がする。たった1日だから、この先は長いけど、こういう大きな試合で、1日とはいえ、ノーボギーのゴルフができたことは自信になります。例年よりも好スコアの出るセッティングだと思うし、我慢大会にはならないと思うので、残る3日間も、しっかりスコアを伸ばしていければ…」。

最後の言葉は、途中で飲み込んでしまったが、優勝を狙えるほど、自分のゴルフへの確かな手応えを感じ取ったのであろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約