2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【アドレス修正で上り調子の薗田峻輔が4位タイに】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
今シーズン、ようやくツアー2勝目を挙げた薗田峻輔は、その後、ここ3週間で急速に調子を上げている。きっかけは、東海クラシックでの後半にあった。そこまで、アドレスで左を向き過ぎていて、イメージよりも左に飛んでいってしまう傾向があり、それを修正しようとすると「どこを向いているかわからなくなる」という悪循環に陥っていたという。パッティングでも同じ傾向があった。東海クラシックではなんとか予選を突破し「もう、どうなってもいいから…」と開き直り、勇気を出してスタンス向きを変えて打ち出しているうちに、違和感もなくなり、ショット、パットともイメージしたラインに飛び、転がるようになっていった。

「東海クラシ
ックでは、耐えるゴルフ。先週のトーシンゴルフトーナメントは、バーディ合戦。どちらの展開にも対応できたことで、自信になりました」。
急上昇したゴルフの調子を、そのまま持ち込んだ日本オープンだった。10番からのスタートで「メジャー大会であることを意識して、スタートの3ホールは丁寧にいきすぎてミスしていたので、気持ちを切り替えて積極的にいったら、いい流れを作れて、波に乗れました」。
初バーディは16番(パー4)で、ピンまで200ヤードの第2打を5番アイアンで4メートルにつけてのものだった。18番(パー5)では2オンこそ逃したもののグリーン横からのアプローチショットをピンそばに寄せて楽々2つ目のバーディを決めた。
1番にターンして3番でボギーを叩いたものの、続く4、5番を連続バーディで取り返し、本人が 「第1ラウンドとしては、完璧だと思います」という3アンダーパーのスタートとなった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約