2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【野仲茂が通算-7で単独首位に浮上】
第2日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権」は18日、茨城県の茨城ゴルフ倶楽部・東コースで第2ラウンドを行った。昨日に続き好天に恵まれたこの日、通算2アンダーパーの11位タイでスタートした野仲茂が6バーディ・1ボギーの66をマーク。5つスコアを伸ばし通算7アンダーパーで単独首位に躍り出た。2010年の関西オープン以来のプロ2勝目がかかる野仲を1打差で追うのは、こちらも2勝目を狙う甲斐慎太郎。さらに1打差の3位に永久シード権保持者の片山晋呉が続く。通算4アンダーパーの5位タイグループに2010年大会優勝の金庚泰ら4人。この茨城GC・東コースでプロデビュー戦を戦った星野英正が2003年大会優勝の深堀圭一郎らとともに通算3アンダーパーで9位タイにつけている。なお、この日カットが行われ、通算4オーバーパーの55位タイ、64名が後半のラウンド進出を決め、ディフェンディングチャンピオンの久保谷健一、昨年の賞金王、藤田寛之は辛くも55位タイで第3ラウンドに進出した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約