2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【1打差2位の甲斐慎太郎は故障回復で本来の攻めのゴルフも復活】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
右足裏の痛み。それが、甲斐慎太郎からシード権を奪い去っていった。2011年シーズンのことだった。それからは治療だけでなく、負担の少ないスパイクシューズをいろいろ試したり、中敷きにも工夫したりしながらゴルフを続けてきた。
「それが、今年になって完治ではないにしても、苦にならない程度にまで回復してきました。思い切り振るのに不安もなくなりました」。
ということで、本来の攻めのゴルフも戻ってきた。故障した右足をかばっているうちに、ゴルフも消極的になっていたことにも気づいた。
「ちょっと難しいホールを迎えると、最初に危険なゾーンが浮かんできてしまうんです。右はダメとか左バンカーには入れたくない…と
か。消去法のゴルフになっていました」。
そこで、本選手権では、考え方を改めてプレーすることにしたという。「消去法のゴルフ」ではなく「ターゲットゴルフ」。目標を定めたら、そこに打つことだけに集中する。もちろん、全てがうまくいくわけではないのだが「消極的なプレーでミスしたのと、攻めてミスしたのでは、同じミスでも心の持ちようが違う。それが、次のショットに現れるんです」。

スタートの1番(パー4)を積極策でボギーにしたが、続く2番(パー3)で4番アイアンのショットを1メートルにつけるバーディで帳消しにしたあたりに、甲斐がいう「気持ちの持ちよう」による違いを見て取れた。この後も3バーディ・2ボギーと第2ラウンドは1アンダーパーにまとめて通算6アンダーパーで決勝ラウンドを迎えることになった。
「思い切ってゴルフができるようになって、ショットの調子も前よりずっと良くなっています。パットがそこそこ決まってくれれば、それなりに勝負できると思います」。

アマチュア時代から大物といわれ、プロ転向後も優勝経験がある甲斐。故障回復でゴルフも自信も復活したといってよさそうだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約