2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【3度目の正直なるか。小田孔明が通算-9で初優勝に王手をかける】
第3日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
小田孔明
小林正則
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権」は19日、茨城県の茨城ゴルフ倶楽部・東コースで第3ラウンドを行った。ムービングサタデーと呼ばれるこの日、大きくスコアを伸ばしたのは通算5アンダーパーの3位タイでスタートした小田孔明。

小田は難関の出だし3ホールを1バーディ・1ボギーで切り抜けると、前半で2バーディを奪う。後半も持ち前のドライバーショットが冴え2つスコアを伸ばして68でホールアウト。通算9アンダーパーで単独首位で最終ラウンドを迎えることとなった。小田は、2007年大会に続く単独首位での最終ラウンド。2007年大会では80を叩き8位
片山晋呉
小浦和也(アマチュア)
タイに終わっているだけに、明日はその雪辱を期したいところだ。

3打差の2位には昨年のアジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン優勝の小林正則がつけ、さらに1打差の通算5アンダーパーの3位にS.ストレンジが続く。

大会3度目の優勝を狙う片山晋呉は、スタートから2連続ボギーを叩くなど、1つスコアを落とし、星野英正、金庚泰とともに5打差の通算4アンダーパーの4位タイに後退した。

なお、通算7アンダーパーの単独首位でスタートした野仲茂は4ボギーの75とスコアを落として7位タイ。1打差2位スタートの甲斐慎太郎も1イーグル・2ボギー・2ダブルボギーと乱調で通算2アンダーパーの12位タイで第3ラウンドを終えた。

注目のローアマチュア争いは、通算1オーバーパーで全体の22位タイにつけている小浦和也が劉晏瑋(中国)に6打差をつけて初のローアマチュア獲得に大きく前進した。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約