2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【小林正則は3打差の2位で最終日は最終組で小田と直接対決】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
スタート前のドライビングレンジ。小林は丁寧なショット調整を続けていた。ショートアプローチを数球こなした後、アイアンに持ち替えると、スライスボール打ちから体を慣らしていった。
「スライスは、体を大きく使わなければいけないから、ウォーミングアップにもなるんです」ということで、スムーズに動くようになったところでミドルアイアンで曲がりを小さくしたフェードボールにまとめ、ドライバー、またサンドウェッジといった具合に締めくくった。
「いい調子でスタートできるなって思って1番ホールに向かったのに、いざ、そこに立つと、妙に力んでしまう自分がいました。日本オープンでせっかく上位にいるので、3日目が大事だとい
う気持ちが強くなりすぎたのかもしれません」。

ドライビングレンジでの安定性は失われ、ドライバーショットがラフにつかまる。想定外の展開となって小林は、気持ちを切り替えた。「ショットが乱れても、諦めずに食らいついていこう。1打1打に集中して、できることを丁寧に続けよう」。グリーンを外しても何とか寄せる。寄らなかったら、パットでもうひと勝負する。パーを重ねていくと、5番でバーディが先行した。8番では10メートルのパットが決まった。10番をボギーにしたものの続く11番ではラフからの第2打が1メートルについて帳消しにした。
「悪い中でこういうゴルフができたこと。アンダーパーで回れたこと。ちょっと自信になりました」。
3日間60台のスコアを並べてトップの小田に3打差の単独2位。最終ラウンドは、その小田と最終組での直接対決となる。「明日も、目の前の1打に集中して、自分のゴルフをやりたい。今日以上に緊張するかもしれませんけど、それも受け入れてプレーしたい」。

最終組の飛ばし屋同士の対決、果たして、どんな結末が待っているのか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約