2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【オーストラリアのS.ストレンジが持ち前のステディーさで3位に】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
スコット・ストレンジ。日本ではあまり馴染のない選手だ。オーストラリアでプロになり、アジアツアーを主戦場にしてきた。その流れで日本ツアーにもこれまで5試合に出場している。36歳、182センチ、78キロ。

「僕のドライバーショットの飛距離は平均以下かもしれない。ティーインググラウンドからグリーン上でのプレーまで全てをステディーにするタイプ」というのがストレンジの自己紹介であった。
言葉どおりに堅実なプレーを続け、5バーディ・1ボギーの67をマークして単独3位に浮上してきた。「最初のホールでつまずきはしたけど、全体的にはバランスよくプレーできた。ショット、パットともにフィーリングが出ていて、
納得のいく1日だった」。

トップの小田に4打差で迎える最終ラウンドに向けて、どんなゴルフをしようとしているのか。ストレンジは冷静な表情、口調を崩すことなく、即答してくれた。
「これほど大きな大会、難しいセッティングだと、結果は、誰にも予測できないと思う。その上、明日は雨の中でのラウンドになるだろうから、飛距離のアドバンテージだけでなく、方向と距離ともに正確さが要求されるはず。それこそ自分の好きなスタイルのゴルフだ。今日の流れを、明日の最終ホールまで持って行けるように、しっかり食事をとって、沢山寝て、楽しみな1日にしたいね」。

ステディーさが決め手になるような状況、展開になれば、このストレンジは意外な伏兵になるかもしれない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約