2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【星野は左腕のテーピングが痛々しくも4位タイに浮上】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
体調、ショットなど、すべての条件が揃っているからといって、必ずいい結果になるとは限らない。逆に、どこかに不安があるから悪い結果になるとは、言い切れない。ゴルフゲームの、特にチャンピオンシップの戦いでは、そのバランスがデリケートに働く。

星野英正は、70-69の通算3アンダーパーで第3ラウンドを迎えていた。好位置である。きっとすべての調子がいいのだろうと思われたのだが、実は、満身創痍だった。不安いっぱい。故障あり、である。
「最悪です!」この日も1アンダーパーの70で終えて、通算4アンダーパー。4位タイで
最終ラウンドを迎えることになった星野の第一声だった。
先生週のコカ・コーラ東海
ホールアウト風景
クラシックでは2位タイと好調だったにも関わらず、先週のTOSHIN GOLF TOURNAMENT では、棄権を余儀なくさせられた。「左足の故障」だった。
そして今週は「腫れているんですよ」と左腕の怪我でテーピング。「今週、練習中に痛くなって、痛み止めを4錠飲んでも、それでも痛いんです。 朝、やめるか(棄権する)どうかというぐらいでした。こんなに痛いのは初めてです」。

その表情からも、4位タイのポジションの選手ではないほど苦痛な表情だった。
それでもうまくまとめてのゴルフですね、と聞くと「いや振れないから、右手でしか打てないですからね。右手で合わせて打つしかないんですよ。痛みを我慢して我慢して打つしかないから…」。
星野にとっては、まさにサバイバルだ。「あと1日、なんとか持ってくれれば満足ですよ」と語った。「調子がいいだけに、本当に悔しいです!」満身創痍の星野に、エールを贈りたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約