2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【4位タイに順位を落とした片山は「崩れずによく耐えた」】
第3日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
出だしから2連続ボギー。第3ラウンドの片山晋呉のプレーは、いまひとつ波に乗れない。
「そんなに簡単じゃないのは解っていますから…。崩れずによく耐えたんじゃないかな」と言った。確かに、7、8番のバーディを奪い前半をパープレーでまとめ、後半も11、13番とボギーのあと、よく凌いで18番をバーディで締めくくり、なんとかこの日を1オーバーパーにまとめて、通算4アンダーパーの4位 タイにとどまった。

ホールアウトするなり、小走りに練習グリーンへ直行した。「ショットがいいから、あとはパットが入れば解らない。今日は、意外と(グリーンのスピードが)遅くて、ちょっと天候のせいで湿っているんじゃないかなぁ
。寒いよね、手がかじかんでいますから」という。
小田孔明が、走っていますけど? という記者の質問に「オープンだからと思うしかないですよね」と答えた。

どういう意味なのか。メジャートーナメントで、よく言われていることがある。「メジャーに勝った経験のある人や、その重みやメジャー仕様のセッティングを熟知した経験者は、4日間を丁寧に丁寧に攻めて行くんですよ。まるで10センチ幅の平均台が、100メートルあって、それに落ちないように丁寧に慎重にね。落ちたら、どれだけ痛いか、ダメージがあるかを知っているからです。でも、時には、一気に走り抜けてしまう選手もいるんです」と倉本昌弘が説明してくれたことがあるが、片山は、そのことを言っているのだろうか。それとも、最終ラウンド、とりわけサンデーバックナインに入ってからの勝負だ。それまでは、どうなるか解らないという意味で言っているのだろうか。

「厳しい戦い。でも、みんな(条件は)一緒だからね。雨でも、僕は大丈夫ですから…」と、明日の天気予報の雨でも、勝算はある、と言っているように聴こえた。

勝ち方を熟知している片山の作戦とゴルフが、明日、波乱を巻き起こすのだろうか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約