2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【無常の雨…今年の日本一のゴルファー決定は21日に】
第4日 競技報告:JGA    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権」の第4ラウンドは、降雨によるコースコンディション不良のためサスペンデッドとなった。早朝から降り始めた雨は、次第に強さを増し、8時37分に競技が中断されると、そのまま再開することなく、10時30分にサスペンデッドが決定。明日、8時に競技が再開されることとなった。

通算9アンダーパーで首位に立っている小田孔明は、「本当はやりたかったけれど、1日休養ができたと思ってゆっくり休みます」と水入りを残念がる。小田は過去6度の逃げ切り優勝を飾っているだけに、「もちろん、気持ちはあるので、なかなか簡単には勝たせ
取材を受ける小林正則
てもらえないけども、死ぬ気で頑張ります」と力強く語った。

一方、3打差2位につけていた小林正則は、スタートの1時間40前にコースに来場。恨めし気に雨に煙るコースに目をやりながら、「スタートするかと思っていたけど、プレッシャーの中にいたら、雨がずっと降っていたので厳しいかなと…もう1日延びたと、ただそれだけだと思います」と、現実を受け入れていた。

本選手権で予備日が使用されるのは、1976年大会(第4ラウンドが雨で中止)、1992年大会(第2ラウンドが雨のため中止)に続き、3回目。1976年は島田幸作が首位の村上隆との6打差を逆転、1992年は尾崎将司が逃げ切り優勝。はたして、明日に持ち込まれた勝負の行方は、どちらに転がるのだろうか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約