2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【前半を終えて2打差にまで詰め寄った金庚泰は3位タイに終わる】
第5日 競技報告:塩原義雄    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
2010年大会以来の優勝を狙う金庚泰は、最終組から2組前で片山晋呉とのペアリングでスタートした。今大会、ドライビングレンジでのドライバーショット練習でずっと低いドローボールを打ち続けてきた。林間コースでの風対策とのことであったが、みごとにコントロールされていた。

「体調も、ゴルフの調子もだいぶ良くなっているので、この大会もチャンスがあればね…」。

前半の9ホールを終えて1ストローク伸ばしての通算5アンダーパー。同組の片山とともにトップに2打差まで接近していた。ここで、片山と歩調を合わせるような足踏み状態に入ってしまった。

「パッティングのタッチが合わなくなってしまって…。片山
さんと同じ? いや、片山さんはちゃんとストロークできていて、運がなかっただけ。僕はカップまで届かなくなってしまったから、内容は全然違います」。

二人で足踏みしているうちに最終組がスコアを伸ばして、差は広がり、逆転の目は消えてしまった。最終18番ホールでは、右サイドのバンカーから2オンを狙ったショットがあわや左OB…というシーンもあった。

「口惜しい結果で終わってしまいましたが、もう少し調整が必要とコースに教えられたような気がします」。

3位グループでのホールアウトを金庚泰は、冷静に振り返っていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約