2013年度(第78回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHK BS-1 3オープン特別番組ご案内
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【ローアマチュア獲得の小浦はアジアアマ制覇に照準を合わす】
第5日 競技報告:三田村昌鳳    写真:G.Kobayashi / Y.Watanabe
セカンドアマの平井神人に7打リードしてローアマに輝いた(全体で26位タイ)小浦和也は、それでも嬉しさ半分の心境だった。それは大会前に 「ローアマと全体で15位以内」という目標の半分しか達成できていなかったからだ。小浦は振り返る。「16番と17番のボギー(を叩いてしまったこと)が、まだまだだなという感じです。最終日の後半にスコアを伸ばせないようでは、プロになって勝てないと思うので悔しいです」と語った。

1番からずっと7番までパープレーが続き、8番でボギー。すかさず9番でバーディと耐えて後半へ向かった。10番、ボギー。14番バーディとここまでは、耐え忍ぶパープレー。ところが小浦の言うとおり、
16、17番の連続ボギーが痛い。
それが反省材料という気持ちがよく理解できる。
小浦は、現在専修大学3年生。プロ転向を視野においたコメントだった。それでも大学生活の中での目標が「日本オープンのローアマチュアを獲ることだったので、それが達成できたことは、もちろん光栄で、嬉しいです」と、まだ童顔が残る笑顔を見せた。

「今日(最終ラウンド)の収穫は、3日間は我慢のゴルフができたことですね」と、あと一息という自分の成長も評価していた。
次なる目標は、明日、中国へ出発する。アジアアマチュアゴルフ選手権の出場である。いまのアマチュア選手たちの目標は、日本での実績ばかりでなく、同選手権に出場して優勝し、松山英樹が辿ったようにマスターズ出場の切符を手にすることである。

「ああいう風になれたらいいと思います。僕自身も調子がいいし、アジアアマでもいいプレーができたらいいなと思います」と、小浦選手は、あくま でも前向き姿勢だ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約