2014年度(第47回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【注目の勝みなみと成田美寿々は、ともにイーブンパーの28位タイ】
第1日 競技報告:JGA    写真:Y.WATANABE
勝みなみ
成田美寿々
日本選手で特に注目を集めているのは、勝みなみと成田美寿々の2人だろう。

4月にLPGAツアーの史上最年少優勝記録を更新した勝。今季メジャー初戦を含め3勝を挙げて賞金ランキング4位につけている成田。ともに多くのギャラリーを引き連れてのラウンドとなったこの日は、イーブンパーの28位タイとなった。

日本代表というプレッシャーを背負いながら、世界女子アマチュアゴルフチーム選手権とアジア競技大会を戦い抜いて本選手権に臨んだ勝。蓄積した疲労はピークに達しているだろうが、「日の丸を背負わないで戦うこの試合は、少し楽かもしれません」と、気丈に話していた。それでも、ティーショットは持ち前の飛距離で同
18H バーディパットをねじ込む
組のイ・ボミと原江里菜を凌駕してみせた勝。しかし、勝自身が攻略のポイントに上げていたグリーン上で思うようなパットが出来ずに苦しんだ。前半は1バーディ・2ボギーの37。後半は12番でバーディを奪い、イーブンパーとしながら17番でボギーを叩いてしまう。しかし、ナショナルチームのエースとしての力を見せたのが最終18番。「1オーバーパーだったので、アンダーパーは無理でも、パープレーではホールアウトしたい」と、気持ちを込めて打った上りのフックラインをねじ込んで見せた。

勝は本来、攻めのプレーが身上だが、日本女子オープンのセッティングと大きくアンジュレーションが強いグリーンには、「奥より手前の方がパットを打てますし…」と、グリーン手前からという鉄則を守って、確実なプレーを心掛けた。我慢のゴルフはストレスもたまるものだが、それをほぐしてくれたのがキャディを務めた母の存在。「ボギーを打ってしまった後は、気持ちが沈むことがありますが、近くにいると声をかけてくれるので助かりました」と、感謝しきり。「今日はドライバーも安定していましたし、悪いゴルフではありませんでした。今日、粘ることができたので、明日も同じように粘りのプレーが出来ればと思います」と、母と二人三脚で、2度目の日本女子オープンを最後まで戦い抜くつもりだ。

一方の成田は、得意のドライバーショットの不調に苦しんだ1日となった。10番ホールからスタートした成田は、12番でボギーが先行すると、16番(パー5)でもスコアを落とす。「前半はチャンスについていたホールもありましたが、なかなか入らなくて…」と最初のバーディは17番まで待たなければならなかった。成田はこのバーディで前半を37で凌ぐと、1番でバーディ。6番ボギーと、波に乗り切れずに迎えた7番で「右奥に乗せてしまい、絶体絶命のピンチ」を迎える。しかし、下り3メートルのパーパットをねじ込む粘りを見せて「次につながりました」と8番でバーディを奪ってイーブンパーにスコアをまとめた。

「ドライバーショットが少し右に逃げていましたね」と苦笑いの成田。しかし、「ただの振り遅れなので、ちょっと練習場で」と、微調整で本来の切れを取り戻せそうだ。練習ラウンドでカギを握ると言っていたパッティングは、「どんなバーディパットでも、ちょっとショートしていいから、タッチを合わせていこうと。今日はそれが出来たし、3パットもなかったので、良かったと思う」と手ごたえを掴んでいる。

第1ラウンドから、そこまでタッチに拘るのは、「今日は、思ったよりグリーンのスピードも出ていませんでしたが、キャディにも、このパットは第3、第4ラウンドに合わせてやっているから。今日は良く我慢したと言われました」と、優勝がかかる終盤での争いを見据えてのこと。今季4勝目、日本女子オープン初優勝に照準を合わせてきた成田の作戦は、功を奏するか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約