2014年度(第47回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【3位タイグループに浮上した申ジエは「楽しんでプレーできた」と余裕のコメント】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.WATANABE / G.KOBAYASHI
「今週は調子がいい」と断言していた申ジエがボギーなしの4バーディで68と安定したゴルフで通算5アンダーパーにスコアを伸ばし、3位タイグループに名を連ねた。

「午前組だったので、グリーンコンディションがよくて、自分の好きな条件でプレーすることができました。2日間、久し振りに有村選手と同じ組でプレーできたことも楽しかった。有村選手らしい積極的なゴルフに引っ張られそうになったところもありましたが、自分は自分のプレーに徹するだけと言い聞かせて、フェアウェイのセンター、グリーンのセンターでピンの手前に乗せるというゴルフができました」。

今季日本女子ツアーに専念し、ここまで最多の4勝を挙げて賞
金ランキングでも3位につけている。日本女子オープンに対する思いは、どんなものなのだろう。申は、いう。「最高峰のメジャータイトルだと思っています。まだ、一度も勝っていないので、感触のよい今回は、勝てることを願っています」。

そのためには「強い選手が多いので、これからもよいプレーを続けていかないといけない。自分のテンポを崩さず、このコースを楽しみながらプレーしたい」。

週末の天候にまで気をつかっている。「多くのお客さんに来場していただきたいので、雨が降らないことを祈っています」。
すべてに余裕を感じさせる申ジエは、本命と呼ばれるにふさわしい存在ではある。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約