2014年度(第47回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【連覇を狙う宮里美香は粘りのゴルフで3位タイグループ】
第2日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.WATANABE / G.KOBAYASHI
10番からのスタートとなった宮里美香は10番(パー5)でバーディを奪う絶好の立ち上がりだったが、直後の11番からは一転してピンチの連続だった。

まず、11番(パー4)だ。フェアウェイ中央からの6番アイアンでの第2打は右に弱々しく飛んでいく「とんでもないミスショット」(宮里)で深いラフにボールが埋まった。12番、13番はバンカーに。そして14番ではティーショットを木に当てて第2打も脱出させるのが精一杯だった。

こう書くと、いくつボギーにしたのだろうか…と思われるかもしれない。結果は、このピンチの連続をすべてパーで切り抜けてしまった。ラフから寄せる、バンカーからも寄せる。そしてパットを
決める。

「粘りのゴルフが身上とはいえ、あまりにもでたらめなショットばかりだったので、気合を入れなおさないといけないと思った」という宮里は、15番ホールのティーインググラウンドに向かいながらキャディに宣言していた。「次からは、しゃんとしたゴルフをする。ちゃんとやります!」と。
15番では、宣言通りにフェアウェイをとらえ、グリーンにも乗せて確実なパーを決めた。そして続く16番(パー5)では、このホールをバーディで仕留めてみせた。

この後は、パーを連ねて、結果は2バーディでボギーなし。宮里美香らしいスコアメイクであった。2日間でボギーはひとつだけである。

「決勝ラウンドもボギーなしでクリアできるようにします。多少のドタバタはあるかもしれませんが(笑)、アプローチとパッティングでカバーできれば…」。その目は、連覇を見据えている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約