2014年度(第47回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【永井花奈が通算-4をキープ。全体の6位タイでアマチュアのトップ】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.WATANABE / G.KOBAYASHI
ここまでの2ラウンドで常にバーディが先行していて1度も、ラウンドでのオーバーパーになるシーンがなかった永井花奈。第3ラウンドは、ついにそれが崩れた。バーディのあとにボギー。これを2度繰り返して迎えた15番でバンカーショットを寄せ切れずにボギーを叩き、この日のラウンドは、その時点で1オーバーパーになってしまった。

「変なことを考えていると思われるかもしれませんが、実は、自分の中では、そのことをひとつの支えにしていたので、ちょっとショックでした。でも、同時に残り3ホールで絶対にひとつバーディをとって、イーブンパーに戻してホールアウトしてやるぞ!という気持ちもありました」。

そのチャンス
は、すぐにやってきた。続く15番(パー5)である。第3打を52度のウェッジで1メートルほどにつけた。このパットを沈めてのバーディで、たちまちイーブンパーに戻し、スタートの通算4アンダーパーをキープした。

この日3つ目のバーディであったが、実は、全てこの52度のウェッジがからんでいた。1番、5番、15番。いずれもパー5ホールで第3打に手にしたのは52度であった。「今日は、自分にとって、この52度のウェッジが守り神だったみたいです」。

初のローアマチュアが見えてきた。アマチュアで永井を追うのは、橋本千里だ。今年初めて日本で開催された全米女子オープンゴルフ選手権の予選会に挑戦した橋本は、見事に本選に進み、決勝ラウンドまで戦った。さらに帰国直後の日本女子アマチュアゴルフ選手権でも3位に食い込んだ実力者である。第3ラウンドには、68の好スコアをマークして、永井に4打差まで迫ってきた。

こちらのローアマチュア争いにも注目したいのだが、永井は、また違う思いを口にした。「やっぱりオーバーパーになるシーンのないラウンドを目標にしていきます。そして、4日間一度もオーバーパーのラウンドがなく追われれば、それなりの結果が待っているでしょうし、自分への自信にもなると思います」。

最終ラウンドも永井は、コース、自分との戦いに集中してのゴルフを続ける。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約