2014年度(第47回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【2打差の3位。静かに逆転への好位置に控える申ジエ】
第3日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.WATANABE / G.KOBAYASHI
USLPGAツアーから撤退し、今季は日本女子ツアーに専念して4勝を挙げている申ジエが、第3ラウンドも2バーディ・1ボギーと無難にスコアをまとめて通算6アンダーパーとし、トップに2打差の3位で、じっと爪を研いでいる。

「風がでてきた中でボギーをひとつだけに抑えられたゴルフに満足しています。辛抱強くプレーできた結果だと思います」。
コースマネジメントの的確なこと、ショット精度の高さでは、本選手権もまたピカイチの存在だ。最終ラウンドに向けての思惑にも、自信をうかがわせる。

「このコースでの2打差は、あってないようなものだと思います。明日は、雨中の戦いとなるようですが、ラフが重くなり、グ
リーンが柔らかくなれば、ますます自分にとっては好都合な展開になるような気がします」。

正確なショットでフェアウェイをキープし、そこからまたコントロールされたショットで狙い、イメージしたところに止める技術が生かされる。自身のゴルフスタイルへのゆるぎない自信が伝わってくる。

「でも…」と台風接近の予報を別の角度からとらえることも忘れていない。
「今回、優勝争いしている選手たちは、みんな強いので、来ていただいたギャラリーの皆様にも楽しんでいただけると思う。だから、できるだけたくさんのギャラリーに楽しんでいただけるように、天気も予報ほど悪くならないように祈ります」。

その天候によって、自分のゴルフが変わることはないという。「いつもどおりに全力を尽くしたい。集中し、辛抱強く、そして自信を持ってプレーすれば、間違いなく(逆転の)チャンスがある。そう思って戦います」。

どんな状況になろうと、「自分のゴルフをすればいい」と言い切れるところに、凄味を感じずにはいられない。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約