2014年度(第47回)日本女子オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
NHKで全国生中継予定
一般財団法人上月財団
日本女子オープンは、一般財団法人
上月財団の助成を受けています。
Championship Reports
競技報告
【メジャー2冠がかかった鈴木愛は、雨と寒さに苦しみ5位に終わる】
第4日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.WATANABE / G.KOBAYASHI
鈴木愛は、朝からモチベーションが上がらない自分に戸惑っていた。何故なんだろう、とモヤモヤ感が払拭できないでいた。「ワクワク感もない状態から始まってしまい、結局、モチベーションを持っていくことができなかったです。朝は、練習もパッティングも良かったけれど、雨だったり、肌寒かったので、レインウェアを着るのも嫌いで、そういうことからしてモチベーションがあがらなかったです」と語った。第3ラウンドを終えて通算8アンダーパーで首位タイ。今季日本女子プロ選手権に初優勝し、本選手権に勝てば同一年メジャー2冠の樋口久子以来の偉業と注目されていた。

その主人公が、モチベーションが上がらない現象に戸惑った。3、
4番とボギーが続く。ようやくのバーディが8番。でも、すかさずボギーとして、ゲームの流れに水が差される。コースに来る前には、確かにモチベーションは上がっていたという。それは、6~7番あたりまでの間に、どんどん下がってしまったと言った。出鼻をくじかれたのが、出だし3ホールだ。2番でもチャンスを逃し、3番では「もったいないボギーがきて、がっかりしてしまい、前向きになれませんでした」と、鈴木は自分を責める。

その理由は「自分に対する期待が大きすぎて……そのあたりがよくなかったのだと思います。日本女子プロゴルフ選手権のときとはモチベーションが違うし、不安で不安で仕方なかった」と言った。ひとつの勝利が、次の勝利にすべて好転するとは限らない。むしろ、勝ち方を知っている分だけ、自分の居場所を見つけ出すのが難しいのかもしれない。鈴木は、この日76。通算4アンダーパーで5位。その踏ん張りが次の試合に結びつくはずだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約