JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【4位タイの畑岡奈紗は目標スコアをクリアして一安心】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
JGAナショナルチーム候補選手にも選考されている畑岡奈紗(水戸レイクス)は10番ホールからのスタート。

前半はティーショットが不調で、なかなかチャンスが訪れない。逆に15番でティーショットを左の林に打ち込むミスからボギーが先行してしまう。それでもその後は、パーを積み重ね1オーバーパーで後半に臨むと、2番で10メートルのバーディパットを決めて、ようやくリズムを取り戻した。

4番で手前6メートルを沈めると、6、9番で2メートルのバーディパットを沈めて、4バーディ・1ボギーの69、3アンダーパーの4位タイで第1ラウンドを終えた。ホールアウト後、畑岡の表情は安堵感があふれていた。「目標は2
アンダーパーだったので、クリアできてよかったです」と、1ストロークではあるが、この日に自分で決めた最低ラインを下回ったことが、その表情を生んだのだろう。

日本女子アマは今年で3回目。それでも、日本最高峰の本選手権では緊張したという。「緊張をほぐそうと、ジャンプを繰り返していました」と苦笑い。

しかし、日本女子アマでは初めて母親がキャディを務め、心強い味方もそばにいる。「自分がゴルフを始めてから母親はゴルフが出来なくなって」と陰日向となって支えてくれる母に報いるためにも、「日本女子アマではベスト4に入って、日本女子オープンに出たい」と意欲を燃やす。その目標は、昨年あと一歩で指の隙間からすり抜けていった夢の舞台。

昨年の日本ジュニアでは最終ラウンドを2位以下に6打差をつけて単独首位でスタートしたものの、勝みなみに大逆転を喫して2位に甘んじ、日本女子オープンの出場を逃した。北の大地で畑岡のリベンジはなるか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約