JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
toto
Championship Reports
競技報告
【松原由美は首を捻りながらも69】
第1日 競技報告:塩原義雄 写真:Y.Watanabe
「ゴルフの内容は最悪に近かったのに、スコアは69。わけわかりません」。松原由美(大阪学院大高)は、首を捻りながらホールアウトしてきた。
「とにかくドライバーショットが、狙ったところに飛んでいってくれなくて…」スタートでいきなりボギーを叩く。ドライバーを使わなくてすむ3番(パー3)をバーディにして取り戻した。その後5番、8番と2つのパー5ホールをともに2オンのバーディに仕留めて後半にターンした。

「前半のパー5は不思議とドライバーショットが当たってくれました。たまたま…かな。何でかは、わかりませんでした。だって、それ以外はやっぱり曲がっていましたから」それで、10番のティーショットをプッ
シュアウトしたところで、ドライバーを封印することになった。この後は、3番ウッドでのティーショットへと切り替えた。すると、パー5ではバーディを奪えなかったが、フェアウェイからピンを狙えたパー4ホールで3バーディが決まってバックナインは35。3アンダーパーの69でのホールアウトになったという次第だ。

松原は、惜しいところで本選手権の優勝を逃し続けている。「この大会は、自分にとって一番大きな目標にしている競技会です。優勝という結果が出れば、それはそれで最高ですけど、それより、この大会では、納得のいくゲームをするというのが最大の目標なんです」
その目標に対しては、第1ラウンドのプレーでは納得できるはずもなく、ホールアウト後はドライビングレンジへと足を向けた。実はスタート前もドライビングレンジで打ち込んだのだが、手にしたのはドライバーだけ。そして、ラウンド後もドライバーだけの打ち込みであった。ドライバーショットにどれだけ手を焼かされているか、これだけでも松原の悩みの深さ、大きさが伝わってくるようだ。首を捻りながらも69。だったら、松原が納得のいくゲームを繰り広げたらどんな結果が待っているのか。本選手権中にそのときがくるのを楽しみにしたい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約